新機能盛りだくさんの「iOS 11 パブリックベータ版」がリリース、インストール方法など

IOS11 Publicbeta1 02

この秋に正式リリース予定となっている「iOS 11」のパブリックベータ版が、本日6月27日(火)より提供開始されました。Apple IDがあれば、開発者でなくともApple Beta Software Programからダウンロードして、いち早く新機能を体験することができます。

「iOS 11」では、コントロールセンターが刷新、iPad向けにマルチタスキング機能の強化、ドラッグ&ドロップ、「Apple Pay」で個人間の決済が可能になったり、カメラアプリには、ループエフェクトとバウンスエフェクトの追加、スクリーンショット動画撮影機能など多くの新機能が実装されています。

残念ながら、「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPad 4」はサポート対象外となるので、「iOS 11」パブリックベータ版をインストールすることはできません。また、サポート対象の機種であっても、スペックによっては動作がもっさりする可能性が高いです。

実際に、手持ちの「iPhone 6 Plus」にインストールしてみたところでは、アプリを開く動作がもっさり、コントロールセンターやApp Switcher周りがバグまみれという症状が確認できました。安定動作を望むのなら、パブリックベータ2がリリースされるまで待ったほうが良いかもしれません。

iOS 11パブリックベータ版をインストールする

インストール前に、まずはiTunesに接続してバックアップを作成しておきます。 

現行バージョンに戻す場合は、DFUモードにしてからバックアップから復元する必要があるので、必ず行っておきましょう。

IOS11 Publicbeta1 01

バックアップが済んだら、Apple Beta Software Programにある beta.apple.com/profile のページにiOSデバイスのSafariからアクセスして、構成プロファイルをダウンロードします。

IOS11 Publicbeta1 03

構成プロファイルをダウンロードしたらデバイスが再起動。
再起動後に、設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートから「iOS 11 Public beta」をインストールします。 

IOS11 Publicbeta1 05

iOS 11の新機能など

パブリックベータからの復元

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited