「iPhone 6 Plus」のバッテリーが在庫不足で4月まで交換待ち、日本では?

IPhone6plus batterykoukan

バッテリー劣化を理由にiOSの計画的陳腐化問題を受けて、Appleは12月末までiPhoneのバッテリー交換費用を一律3,200円にしていますが、一部の国では「iPhone 6 Plus」の交換用バッテリーが在庫切れのため、3月末〜4月上旬まで交換受付は行われないということです。

参考として、ニューヨークにあるApple Storeでの現在の待ち時間は、「iPhone 6s」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」が即時交換となっていますが、「iPhone 6」と「iPhone 6s Plus」が2週間待ち。「iPhone 6 Plus」のユーザーはさらに待つ必要があります。

バッテリー交換費用の割引は12月末まで実施されているので、そこまで急ぐ必要がある人は多くないと思いますが、急を要する人にとってはちょっと困ったニュース。

では、日本ではどうなのでしょうか?

Appleの内部文書をソースとするMacRumorsの記事によると、「iPhone 6 Plus」の交換用バッテリーは世界的に不足しているといいます。

本当でしょうか?

先日、Appleサポートで見積もりを取った時は別にそんな記述は無かったので、再び見積もりをとってみました。

IPhone6plus batterymitsumori

1月12日(金)時点での見積もりがこちら。

交換までの目安として3〜6営業日となっています。
普通ですね。 

ただ、これは単なる見積もりなので、実際にはリペアセンターで在庫切れだったりするかもしれませんし、Apple Storeによっては在庫切れのところもあるかもしれません。

在庫不足に陥っているのはApple Storeのみで、Apple認定サービスプロバイダーにはまだ在庫があるようなので、もし在庫切れだったら色々回ってみるといいかもしれませんが、そこまでするのも何だかアホらしいので、しばらく様子見するのが良さそうです。

3,200円でバッテリー交換できるiPhoneは?

  • iPhone 6, iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s, iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7, iPhone 7 Plus
  • iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • iPhone X

iPhone 5やiPhone 5sは対象外なので8,800円。 

  • 1台につき1回まで
  • 2018年12月31まで
  • 消費税込みで3,456円

関連するエントリー