iPhone 6以降のバッテリー交換にはまずバッテリーの予約が必要です

IPhone6Plus batterykoukandekinai 03

旧型のiPhoneでバッテリーが劣化してくると、予期せぬシャットダウンを防ぐ為にあえてマシンパフォーマンスを落とす 「電源管理機能」問題は、バッテリー交換費用を一律3,200円(税別)にすることと、春頃にリリースされる「iOS 11.3」において、電源管理機能をOFFにできるようにすることで一応の解決を迎えることになります。

まあそれはいいのですが、世界的にバッテリー不足に陥っているらしく、今すぐ新品のバッテリーに交換できるかというとそうではありません。iPhone 6以降のバッテリーを交換するには、まずAppleサポートに電話するかチャットで問い合わせてバッテリーを予約しておく必要があります。

実際、iPhone 6 Plusのバッテリーの交換手続きを行おうとしたところ、オンラインでは手続きできないように変更されていました。

以前は見積もりまで出たんですけどね。
利用できなくなっています。

IPhone6Plus batterykoukandekinai 01IPhone6Plus batterykoukandekinai 02

Mac Rumorsの記事によると、カナダのAppleサポートではバッテリーの予約がWebから行えるように変わったということで、いずれは日本のAppleサポートでも、Webからバッテリーの予約ができるようになると思います。

バッテリーが供給されるのは4月上旬頃とされています。
その頃には、Webから全ての手続きができるようになっているでしょうね。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー