2019年に「iPad mini 5」が登場するという噂、スペックはどうなる?

Ipadmini5 rumor

2019年に「iPad mini 5」が登場するという噂が出ています。

現在ラインアップされている「iPad mini 4」は、7.9インチ 326ppiディスプレイ、A8チップ、2GB RAMという数世代前のスペックのままです。2015年に登場したモデルなので、実に3年〜4年前のスペックのまま取り残されている存在ということになります。一部では、このままディスコンになるんじゃない?と言われていましたが、ここにきて、また新型モデルが投入されるという情報が出てきました。

ただ現時点では、登場するという予測をアナリストがたてているだけに過ぎず、どういうスペックで登場するのか?については完全にファンボーイの連中が好き勝手に妄想しているだけです。

現行モデルの「iPad」は、A10 Fusionチップを搭載しています。
処理能力で言えば、「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」と同等ということになります。

そして、この「iPad mini 5」が登場するのが2019年ということで、A10以降のチップを搭載するのはほぼ確定。Appleがやる気ならA11チップやA12チップの搭載にも期待がもてます。

「iPad Pro」との差別化のためにA11XやA12Xチップは搭載されず、iPhone向けのチップの在庫処分として再利用されるモデルとなりそうです。

Touch IDについては完全に廃止される方向なので、True Depthカメラを搭載してFace IDに対応。

・・・と、そのあたりまではだいたい予想がつきますが、どうなるでしょうか?

同じmini仲間として「Mac mini」も長い間放置プレイをかまされてきたモデルですが、こちらも10月30日のイベントで新型が発表される予定となっています。

 Amazonプライム無料体験

お急ぎ便配送料無料、日時指定、動画見放題のプライムビデオ、100万曲以上が聴き放題のPrime Music、会員限定タイムセール、無制限のフォトストレージプライム・フォトなどが使える神サービスに登録しよう!

関連するエントリー