Consumer Reportsが「AirPods Pro」の音質を高く評価、ワイヤレスイヤホン選び

AirPodsPro vsGalaxyBuds

コンシューマー・レポートが「AirPods Pro」の音質テストを行い、過去モデルの「AirPods」と比べて音質を高く評価しています。

また、Samsungの「Galaxy Buds」と比べて、どちらが高音質かについても言及されています。

オープンエアー型からインイヤー型に変わり、密閉性が高くなった「AirPods Pro」には複数のイヤーチップが付属します。耳にフィットするサイズのイヤーチップを装着することで、外部の音がブロックされ音質を向上させることができます。

アクティブノイズキャンセリング機能も使えるようになり、外界から遮断されて自分だけの世界に入り込むことができます。逆に、外界から遮断されなくない場合は、内蔵マイクを使って外部の音を取り込む機能も備わっています。

これにより、これまでの「AirPods」で指摘されていた音質は大幅に改善され、ワイヤレスイヤホンの購入候補としては十分な水準を満たしているとされています。

音質は向上しましたが、実際のバッテリー駆動時間は、従来の「AirPods」とほぼ変わりません。

そして、最も気になるのが他社製品との比較です。
特に、以前コンシューマー・レポートが高く評価していたSamsungの「Galaxy Buds」と比べてどうなのでしょうか?

結論としては、「AirPods Pro」よりも「Galaxy Buds」の方が依然として音質は良いということでした。

Samsung Galaxy Buds

ただし、「Galaxy Buds」にはノイズキャンセリング機能は備わっていません。あくまで音質のみで比較した場合の評価となっています。

(コンシューマー・レポートがSONYのアレを完全無視しているのがちょっと気になりますが、どうなんでしょうか?)

とはいえ、iPhoneやiPadなどのAppleデバイスとの親和性と考えると、音質のみで甲乙を付けられないというのがワイヤレスイヤホン選びの難しいところ。

実際に「Galaxy Buds」を使っているユーザーとして言わせてもらえば、Appleデバイスで使うのならやっぱりAirPods系を使うのがいいのかな?という感じはあります。実際、使う時にそこまでシームレスじゃないのと、いくら音質が良いといっても所詮Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンなので。

音質はそこそこレベルでいい、それよりもデバイスとのシームレスな接続やバッテリー駆動時間を重視した方が、この手の製品選びでは幸せになれそうな気がしますけどね。

 Apple AirPods Pro

 SONY WF-1000XM3

あと、AirPods系はリセールバリューがものすごくいいのもメリットの1つ。

1年〜2年ガンガン使った状態でも、ヤフオクやメルカリに出したらそれなりの価格で売れるという・・・恐ろしい製品です。これに関しては他のメーカーは真似できません。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー