Appleシリコン版MacBook Airのバッテリーは現行と同じ、でもそれでいい

MacBookAir2020AppleSoC batteryleak 02

Appleシリコン版のMacBook Airに搭載されるとみられるバッテリーパックが、韓国の安全認証規格を取得していることが発見されました。

バッテリーパックのモデル番号はA2389。
バッテリー容量は49.9Wh, 4,380mAh。

MacBookAir2020AppleSoC batteryleak 01

このバッテリーパックそのものは、MacBook Air 2018〜2020に搭載されている物と同じとみられます。

バッテリーパックのサイズや形状が現行のMacBook Airと同じことから、Appleシリコン版のMacBook Airの本体デザインは、現行のMacBook Airから大きく変わることは無いでしょう。

アルミニウムの本体に13インチのディスプレイ、キーボードがあってトラックパッドがあってという感じで、そのまま登場することになりそうです。

Macbookair2020model

現行のIntel CPUからAppleシリコンSoCになることで、かなりの省電力化が進むと予想されます。これはWWDC 20のデモンストレーションでもアピールされていました。バッテリー容量は同じままで省電力になれば、バッテリー駆動時間はさらに延長され、さらに発熱もこれまでより抑えられることになります。

AppleシリコンMacは、2020年内に複数のモデルが登場すると言われていて、AppleシリコンMacの発表を行うスペシャルイベントが10月27日に開催されるという噂もあります。

AppleシリコンMac開発機のベンチマーク結果をみると、処理能力は現行のMacBook Airとそう変わらないようです。さらなる性能アップ!ではなく、省電力・低発熱といった部分に価値を見いだせるクラスのラップトップPCとしてなら、十分魅力的な製品となります。

そういう意味では、MacBook Airは最適なモデルといえるでしょう。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!