2021年に追加される絵文字ではジェンダーレス化が加速しすぎている感も

Emoji2021 02

来年、2021年に追加される絵文字が発表されました。

新しい絵文字は217種類もありますが、その多くは肌の色などのオプションを含みます。新しく追加される絵文字で代表的なものとしては、生クリームを吐いている顔、目が回っている顔、負傷したハート、燃えるハートなど。

また、今回の絵文字ではさらにジェンダーレス化が進み進み進みまくっていて、例えば女性の顔の絵文字だけど、角刈りでヒゲをボーボーに生やすことができるおっさん化のオプションも追加されています。

そのオプションを適用した顔の絵文字がこちら。

左は女性、右は男性です。

Emoji2021 01

ここまでするならおっさんの顔の絵文字で代用してくれよと、誰かが突っ込んでくれるのを待っているかのような詳細すぎるオプションの追加。

さらにカップルの絵文字も追加されていますが、こちらもバリエーションがめっちゃ豊富です。

Emoji2021 03

いかにもラブラブなカップルの絵文字ですが、性別や肌の色、髪の色でのバリエーションを含めると・・・

Emoji2021 04

ここまで増えます。

このバリエーションの豊富さが、2021年に追加される新しい絵文字217種類の殆どを占めています。

ここまですることになるのなら、あの黄色の丸顔の人間とも宇宙人ともつかない謎の生物の絵文字だけで良かったんじゃないのか?とちょっと思ってしまいますね。

最近の絵文字は、正直やりすぎ感あり。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。