iPhoneの空き容量を占領する肥大化したシステムデータを綺麗サッパリ消す!

先日、iPhoneのシステムデータが肥大化したという報告をさせていただきましたが、事なかれ主義で注視をしていたところ、iPhoneの空き容量をモリモリ圧迫していき・・・もうこれは注視してる場合じゃないぞ!というわけで、重い腰を上げて対策を取ることにしました。

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 01

灰色のゲージがシステムデータ。

iPhoneのストレージの8割をこいつが占領する非常事態に。

原因として思いつくこと

システムデータがもりもり増えた原因として考えられるのは、タイミング的にカメラアプリのFiLMiC Proで長時間の動画撮影をしたことです。撮影データをMacに移動させてからiPhoneにあるデータを削除しましたが、空き容量は増えずシステムデータに置き換わったような?

iOS 16.1のパブリックベータ版を使っていることも原因の1つかもしれません。

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 02

システムデータが186GB。

もうだめだ!このiPhone。早くなんとかしないと。

対策方法はたった1つ。

データのリセットです。

工場出荷状態に戻すのではなく、設定とコンテンツを削除するだけなので、ベータ版を入れていても対応できます。

まずは、バックアップ

iCloudでもローカルでもいいので、まずはバックアップを取っておきます。

設定 > Apple ID、iCloud、メディアと購入

iCloud > iCloudバックアップ

今すぐバックアップを作成

iPhoneのデータをリセットする

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 08

設定 > 一般 > 転送またはiPhoneをリセット

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 07

すべてのコンテンツと設定を消去

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 06

リセットで削除されるデータは、AppやAppleウォレット、eSIMなどの情報。

Appやウォレットのデータは、バックアップから復元できるので問題ありません。

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 05

ダメ押しとして、iCloudにバックアップを取ってくれます。

この機能、全自動すぎ。

データの全リセット、全くもって嫌気することはなかったね。

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 03

しかも、eSIMデータは残せます。

消しちゃうとまた再発行してもらう手間がかかるので、eSIMデータは残しましょう

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 04

無事リセットされました。

それでは、バックアップからデータの復元を行います。

結果発表

Fix iPhone StorageFUll SystemDataFull 09

・・・すると、iPhoneが空き容量まみれに!

というか、これが普通なのか。

どれだけ無駄なデータが溜まっていたのかが分かりますね。

今後、システムデータが調子に乗って肥大化してきたら、毎回リセットしてやることにします。

関連するエントリー

 dTVは月額550円で動画見放題!

月額550円(税込)で見放題!圧倒的なコストパフォーマンスの動画サブスク。初回入会の方は初月無料おためし。簡単登録でいますぐOK。