iOS 16.2で実装されるフリーボードは、画像もビデオも貼り付けられる自由メモ

当サイトの記事には広告が含まれます。

IOS16 2 freeboard 06

先日、iOS 16.2ベータ版を適用したら、ホーム画面に見慣れないアプリアイコンが追加されているのを発見。

フリーボード」というアプリで、やっつけっぽいデザインのアイコン。最初、妙なサードパーティアプリがいつの間にかインストールされている!!と恐怖を覚えたのですが、チェックしてみると、iOS 16の新機能として紹介されていた新しいiOS標準アプリでした。

メディア、ファイル、リンク、テキストなどをメモすることができるアプリで、印象としてはMicrosoftのOneNoteに似ています。

年内リリースが予告されていたもので、iOS 16.2 / iPadOS 16.2から正式に実装されるようです。

IOS16 2 freeboard 03

ボードには自由にメモを追加できます。

IOS16 2 freeboard 04

 

付箋メモがあったり。

IOS16 2 freeboard 02

図形を配置したり。

IOS16 2 freeboard 01

テキストメモ、手書きメモも追加できます。

通常のテキストメモとは全く違い、メモを自由にレイアウトできるのが特長。

IOS16 2 freeboard 05

メディアの挿入では、写真やビデオを貼り付けたり、URLを貼り付けることもできます。

貼り付けたメモのレイアウトはレイヤー形式になっているので、オブジェクトをタップしたメニューバーから背面・前面を切り替えることで、重なっているオブジェクトの配置を変更できます。ただ、オブジェクトの回転はできないようです。図形も同じ扱いで、変形はできますが回転ができない(もしかしたらできるのかもしれないけど、どうやるのか分からない)ので、矢印の図形などはお飾り状態という未完成な部分もあります。

作成したメモは、PDF形式で書き出すことができました。
単純にメモれるだけじゃなく、PDFで出力できるのは魅力の1つでしょうか。

標準のメモとの最大の違いは、メモれる面積の大きさです。
標準メモは、iPhoneの横幅に準じた面積しか使えないのに対して、フリーボードは広大な面積を使ってメモが作成できます。色々なオブジェクトを貼り付けまくって、それをまとめるのに向いています。

フリーボードという名の通り、自由な使い方ができるメモアプリという印象ですね。

そういった特性上、iPhoneではなくiPadでこそ輝くメモアプリのように感じました。

関連するエントリー

PR

楽天モバイル