iPad mini 7は120Hz対応の噂、ゼリスクロール解消にも期待

Ipadmini7 rumor

iPad miniの次期モデルとなるiPad mini 7には、ディスプレイのリフレッシュレートが120HzになるProMotionテクノロジーが搭載されるという噂が出ています。

現在、iPadシリーズでProMotionテクノロジーが搭載されているモデルはiPad Proのみ。それ以外のiPadのディスプレイは60Hzで駆動しています。ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから120Hzになると、映像や画面のスクロールが非常に滑らかにになり、特にゲームプレイ時に違いが出ます。

 続きを読む

iPad mini 6が5%OFF+1%ポイントのちょっとお得なセール価格

Ipadmini 6 pink

Apple製品も徐々に値上げされつつある中、価格を維持している人気モデルのiPad mini 6が、Amazon.co.jpで5%OFFで販売されています。

ピンクカラーのみ、64GBモデルのみという限定的なセール価格ですが、5%OFF+1%ポイント還元はわりとお買い得です。8.3インチディスプレイ、Apple A15チップ、12MP広角カメラ、Apple Pencil 2に対応、USB-Cポート搭載というスペックでコンパクトながらパワフルなモデル。

7月12日・13日にはAmazonプライムデーが開催されるので、他のカラーが欲しい人は、そのタイミングを待ってみるのもいいかも。

 2021 Apple iPad mini ピンク

M2は5nmプロセスだけど、M2 Proは3nmプロセスで秋以降に登場か

M2pro m3 3nmprocess

TSMC、Samsung Electronics、Intelの3社間で、今後、半導体の開発競争が激化するというDigitimesの記事で、AppleがTSMCにM2 ProチップM3チップのオーダーを行ったという言及があり、どちらも3nmプロセスで製造されるということが分かりました。

この情報については、以前、アナリストがちらっと触れていましたが、サプライチェーンからの情報として、ちゃんとした記事で伝えられたのは今回が初となります。

 続きを読む

M2搭載13インチMacBook Pro、M1から買い換える必要無しだった

M2 mbp spectest

先日発売されたばかりのM2チップ搭載13インチMacBook ProのSSDストレージの速度が、M1チップ搭載モデルよりも大幅に低速であることがベンチマーク結果によって明らかになりました。

M1チップとM2チップを搭載する13インチのMacBook Pro(256GB SSDストレージ搭載モデル)でベンチマークテスト比較を行ったYouTube動画によると、M1チップ搭載モデルと比べてM2チップ搭載モデルの方が最大50%低速であるという結果が出ています。

 続きを読む

AppleヘッドセットはM2チップ搭載、iPhone 14 Proは常時表示でロック画面も活用できる

Applewatchse2 andmore

Bloombergの記者Mark Gurmanが、今後登場する予定のAppleデバイスについて一挙に言及しています。

まずは、iPhone 14 Proですが、こちらはApple Watchのような常時表示ディスプレイになり、ロック画面に配置したウィジェットを有効活用できます。常時表示ディスプレイはProのみが使うことができ、エントリーモデルのiPhone 14とiPhone 14 Maxでは使うことができません。

この他、この秋に登場するAppleデバイスとして、Apple Watch Series 8など以下の製品が紹介されています。

 続きを読む