iPhone 13全モデルにLiDARスキャナ搭載の予定だった、ポシャった原因はmini?

Allmodel lidarscanner

今年の9月に登場するiPhone 13シリーズは、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2モデルのみLiDARスキャナが搭載されていますが、開発当初はすべてのモデルにLiDARスキャナが搭載される計画もあったそうです。

LiDARスキャナは、赤外線を照射して物体に反射する時間を計測することで物体の位置を認識できるセンサー。ARアプリはもとより、写真撮影ではナイトモードでポートレート撮影ができるようになるなど、LiDARスキャナーがあることで使える機能が増えます。

これはProモデルの売りの1つとなっています。

 続きを読む

秋登場のiPad mini 6はiPad Airと似たデザイン、USB-CとTouch IDを搭載

Ipadmini6 leakrumor

今年登場すると言われている「iPad mini 6」について、Mark GurmanがBloombergでやっているPower Onというメーリングリストの有料バージョンから新情報が伝えられています。

この「iPad mini 6」の噂やリークは今年春頃に集中してありました。その頃の情報では、筐体は同じままでホームボタンがなくなり画面がやや大きくなるという内容でした。

しかし、今回のMark Gurmanの情報によると「iPad mini 6」はiPad miniが登場してから“最大の再設計”になるとされ、現行のiPad Airと似たデザインになるということです。

 続きを読む

iPhone 13のモックアップの写真がうじゃうじゃ出てきた!

IPhone13 weiboleak 06

iPhone 13シリーズのモックアップ写真が、中華SNSのWeiboに複数アップされているのでチェックしていきましょう。

iPhone 12とiPhone 13は基本的に同じ筐体が採用されていますが、細かい変更点があるようです。

フロントのガラスパネルは、スピーカーをベゼルギリギリに配置することでノッチが小さくなるということが伝えられています。バッテリー容量はやや大きくなり重くなるようです。

そして、カメラユニット。

カメラレンズが一回り大きくなることで、Proシリーズはカメラユニットのサイズも大きくなっています。

上の写真は、iPhone 12(実機)とiPhone 13(モックアップ)の比較写真ですが、カメラレンズが大きくなり、斜めに配置されているのが分かります。

IPhone13 weiboleak 05

フレームもチェック。

SIMカードトレイの位置が変わっていて、内部設計の変化を表しています。

 続きを読む

2022年には11インチiPad ProもミニLEDに、M1X MacBook Proは9月登場か

Ipadpro2022 miniled

エントリーモデルのiPadについては、2022年〜2023年にかけて有機ELディスプレイが搭載されると言われ、ミニLEDディスプレイのiPad Proとの差別化が図られることになります。しかし、現在のところ、ミニLEDディスプレイが搭載されているのは12.9インチiPad Proのみで、11インチiPad Proには搭載されていません。

それは、なぜなのか?

ミニLEDパネルは、技術的にあまり小さくすることできないというのがその理由で、まずサイズの大きな12.9インチのみに搭載されました。

 続きを読む