iPhone 14は全モデル120Hz ProMotion対応!mini廃止でサイズ共通化による恩恵

IPhone14max rumor

来年、2022年に登場するiPhone 14シリーズは、すべてのモデルが120Hzの高リフレッシュレートProMotion Displayに対応するという。

9月に登場するiPhone 13シリーズでは、ハイエンドモデルの「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」の2機種のみ120HzのProMotion Displayに対応するとされていますが、2022年の秋に登場するiPhone 14シリーズでは、エントリーモデルを含む4機種が120HzのProMotion Displayに対応するということです。

その理由として挙げられているのが、“mini”がラインアップから消えること。

 続きを読む

M1X MacBook Proは9月登場、M2 MacBook Airは2022年前半登場です

M1X MacBookPro Sep

新型MacBook Proの登場は、どうやら9月頃になりそう。

サプライチェーンからの情報を伝えるDitigimesの記事によると、新型MacBook Proの登場時は期第三四半期の後半になるということなので、8月後半〜9月頃と予想されます。

少し前までは6月のWWDC 21で発表されるという説が有力だったので、そこから3ヶ月延期された形になります。

12.9インチiPad Proに続いてミニLEDディスプレイを搭載するモデルで、大きさは14インチ16インチ

 続きを読む

iPhone 13のカメラユニットがバカでかく感じるリーク写真のトリック!

IPhone13promax cameramodule large

こちらは、iPhone 13 Pro Max用の保護ケースの実物写真。

中に入っているのはiPhone 12 Pro Max(写真を撮影した本人によると)。

見比べてみて、カメラユニットの大きさが全く違うのが分かりますね。

iPhone 13シリーズでは、カメラレンズが一回り大きくなると言われていますが、iPhone 12と比べてここまで大きさが違うものなのか?

 続きを読む

iPhone 13はMagSafe用コイルが巨大化、15W以上のワイヤレス充電対応や発熱問題の解消が予想される

IPhone13 magsafe largercoil

9月に登場するiPhone 13シリーズには、iPhone 12シリーズよりもはるかに大きなワイヤレス充電用のコイルが内蔵される可能性があるということで、MagSafe充電のさらなる高速化逆ワイヤレス充電への対応が噂されています。

iPhone 12シリーズは、MagSafe充電器を使って最大15Wのワイヤレス充電ができる仕様になっていますが、iPhone 13シリーズではコイルがより大きくなるので、最大15W以上のワイヤレス充電に対応するかもしれないと予想されています。

それと同時に、iPhone 12シリーズで指摘されていたMagSafeの熱問題も改善される可能性もあります。

 続きを読む

4Kビデオを含むiCloud写真のアップロードを完了できるWi-Fi、かなり少ない問題

ICloud FreeWiFi ososugi 05

iOSには、「写真」アプリに保存している写真やビデオをiCloudストレージに自動アップロードして、iPhoneやiPadのストレージ容量を節約できる機能があります。

iCloudストレージのプランを200GBや2TBにすれば、iPhoneやiPadの本体ストレージが64GBや128GBでも高画質な写真やビデオを大量に保存することができるので、microSDカードが使えないiPhoneやiPadにとっては、かなり頼りがいの有る機能となります。バックアップも兼ねているし。

ただ、ちょっとした課題もあります。

それは、速度制限されていないWi-Fiの確保。

 続きを読む