実は壊れやすいiPadのトップボタン、地面に落として押せなくなるパターンも

そう言われてみれば・・・と今更気がついたこと。

iPad 10、iPad Air 4/5、iPad mini 6では、本体の右上にトップボタン(電源ボタン)が搭載されています。手に持った時に押しやすい位置にありますが、本体を落下させたりぶつけたりした時に故障してしまう懸念があります。

Ipad touchID button issue
(image: @Pengnone)

 続きを読む

新型Mac miniはM3をスルーしてM4チップ搭載へ、2024年末〜2025年初頭に登場

M4 macmini 2024late 2025

今年の年末〜2025年初頭にかけて登場する新型Mac miniには、M3チップではなくM4チップが搭載されるようです。

これは、BloombergのMark Gurmanさんが発行しているニュースレター内で言及されたもので、Mac miniにM3チップが搭載されることはないので、次世代チップの搭載を待つことになるといいます。ただし、待ち時間はそれほど長くなく、早ければ今年の年末に登場するM4チップ搭載Macと同じタイミングで登場。遅くても2025年初頭には登場することになるとみられます。

 続きを読む

Apple、評判最悪のFine Wovenを生産終了、iPhone 16ケースは別の新素材に

Finewovencase is end

Appleが昨年発売した繊維素材のFine Woven(ファインウーブン)について、Appleは開発を終了して生産ラインも閉鎖したと伝えられています。

従来のレザー素材に変わって、環境へ配慮した新素材としてiPhone 15ケースから導入されたばかりのFine Wovenですが、発売初期より購入したユーザーから「引っかき傷が付く」「油を吸い込んで汚れが残る」「展示品が汚い(みんなの汚れを吸収して)」といった報告が相次ぎ、さすがのAppleファンでも擁護のしようがないほどのポンコツ素材であることが早々に判明してしまったのは有名です。

 続きを読む

円安時代でも格安のFire HD 10(2023年モデル)は旧モデルからどう変わった?

Firehd10 tablet 2023 2021 comparison

2024年4月21日現在、Amazonで販売されているFire HD 10タブレットとFire HD 10キッズモデルは、2023年に発売された第13世代 Fire HD 10タブレットになります。

旧モデルのFire HD 10タブレットからアップデートされたポイントは、「スタイラスペン対応」「31gの軽量化」「バッテリー駆動時間が1時間延長」「Bluetooth 5.3対応」「CPUとGPUのアップデート」「フロントカメラが2MP→5MPに」「1080pビデオ撮影に対応」がありますが、なかでもスタイラスペンのサポートによりUSI 2.0スタイラスペンが使えるようになったことで、手書きやお絵かきツールとしてワンランクアップしたのは、格安タブレット端末として大きな変更点となります。

 続きを読む