AirTagはAndroidでも読み取り可能、紛失時にメッセージを表示

Airtag lostmode androidokdesuka

AppleのスマートタグAirTagは、一定条件下でAndroidでも反応することがAppleの公式サポート文書により明らかになりました。

AirTagを使うには、iOSまたはmacOSの「探す」アプリへの登録が必要で、「探す」アプリまたはiCloudの「探す」を使って位置情報をトラッキングすることになります。実際にAirTagを探す時、U1チップ搭載のiPhone 11以降のモデルなら正確な位置までナビゲーションしてくれる機能もあります。

Androidではその様な機能は使えませんが、紛失モード時に限ってはAndroidでも反応するということです。

 続きを読む

スマートタグTileのCEOがAirTagの参入にやや批判的な反応、そりゃそうだわな

Tile smarttag

今朝、Appleが発表したAirTagについて、スマートタグを販売するTileのCEOが言及しています。

内容は、トラッキングデバイスとしてTileは優秀であるということ、スマートタグの市場を開拓したのはTileであること、そして、Appleがそのスマートタグ市場に参入したことについて公正な市場競争であれば歓迎するが、iOSやmacOSといったプラットフォームの利点を利用して不当に競争を制限してきた過去があるとして、やや批判気味の反応を示しています

AirTagの価格は1個3,800円(税込)でTileの製品と価格帯はほぼ同じ競合製品になります。

さらに、Appleが販売するデバイスということでU1チップと連動した正確なトラッキング機能が搭載されており、Tileにとっては厄介なヤツが出てきたなということでしょう。

 続きを読む

新型iPad ProはM1チップとThunderboltポート搭載、ミニLEDは12.9インチのみ

IPadPro2021 01

本日、4月21日(水)のAppleイベントで新型iPad Proが発表されました。

噂されていたスペックそのままという感じですが、搭載されているチップがApple M1チップまんまという大胆仕様。もはやAチップじゃなくなりました。

iPad Pro搭載のApple M1チップ

  • 8コアCPU
  • 8コアGPU
  • 16コアNeural Engine
  • 8GB RAM:128GB、256GB、512GBストレージ搭載モデル
  • 16GB RAM:1TBまたは2TBストレージ搭載モデル

11インチと12.9インチがありますが、12.9インチのみミニLEDパネルのLiquid Retina XDRディスプレイが搭載されます。

 続きを読む

M1XじゃなくてM1でした24インチiMacが登場、Touch ID搭載Magic Keyboardも

M1iMac2021 05

Appleスペシャルイベントの目玉として発表されたM1 iMac

M1Xチップを搭載するという噂がありましたが、結果的にはM1チップのままでした。

コア数も全く同じ。

そして、MacBook Airのように、7コアGPUモデルと8コアGPUモデルがあります。

M1iMac2021 12

7コアGPUモデルは4色展開で154,800円(税込)

8コアGPUモデルは7色展開で177,800円(税込)から。

 続きを読む

スマートタグのAirTagは1個3,800円、iPhone 11以降のモデルなら正確な位置までナビで案内可

Apple AIrTags 06

Appleスペシャルイベントで最初に発表されたAirTag

まず驚いたのが価格です。
米国での価格は1個29ドル、4個で99ドルというものでした。

ライバルのスマートタグと同等かそれより安い!

ちなみに、日本では1個3,800円(税込)という現実的な価格になってしまいますが、それでも想定されていた価格よりも1,000円ほど安いですね。

 続きを読む