ElevationLab、デバイス充電用ケーブルをまとめたケーブルFamilyCharger

ElevationLAB FamilyCharger 02

LightningケーブルとUSB-CケーブルとmicroUSBケーブルをひとまとめにした充電用ケーブル「FamilyCharger」が、Elevation Labより登場。

Lightningケーブル3本、USB-Cケーブル1本、microUSBケーブル1本の、合計5本のケーブルを綺麗にまとめて使うことができるアイテムです。

総出力は52W、USB-CケーブルはUSB PD 40Wに対応。
iPhone、iPad、AirPods、MacBook Proの同時充電も行えます。

 続きを読む

Aukey、USB PD2.0でiPhoneを急速充電できる20000mAhのバッテリーを新発売

Aukey 20000mAh PBY23 02

AukeyのPower Delivery 2.0に対応したUSB-Cポートを搭載するモバイルバッテリーに、20000mAhの大容量モデルが新登場。

出力はUSB-AポートとUSB-Cポートがあり、USB-AポートはQuick Charge 3.0対応。
USB-CポートはPower Delivery 2.0に対応。
どちらも最大3A、総電力は18W。
バッテリーセルはリチウムポリマーになります。

USB PDで急速充電した場合、例えばiPhone Xなら、45分間で0%→74%まで充電可能です。

 続きを読む

Apple以外がiPhoneのバッテリー交換をするとバレるようになった

Iphone batery service

iPhoneを分解してバッテリーを交換すると、バッテリーの状態が「Service」というモードになることがiFixitによって発見され、話題をよんでいます。

この「Service」という表示は、iPhoneの設定のバッテリーの項目にある「バッテリーの状態」の部分に現れ、タップすると重要なメッセージとして、Apple StoreかApple認定のサービスプロバイダに持ち込んでくださいという内容が表示されます。

この表示を消すには、Apple StoreかApple認定のサービスプロバイダに持ち込む必要があるというわけです。

この表示は本来、バッテリーが劣化して交換が必要になったときに表示されるものですが、新品のバッテリーに交換しても表示されるといい、さらには、Appleの純正バッテリーパックに交換しても表示されるということです。

 続きを読む

モバイルバッテリーの発火事故が増加傾向、電車内で発火するケースも

Burningbattery

普及に伴い、モバイルバッテリーによる発火事故も増加傾向にあるようです。

消費者庁によると、スマートフォンなどの発火事故とは別に、モバイルバッテリーに関する発煙・発火・発熱事故は昨年76件の報告があったといいます。そして、今年は6月までの時点で29件の報告があるということです。

消費者庁に報告が入っていないケースも含めると、もっと多いはず。

モバイルバッテリーが普及したのはここ数年のこと。
製品寿命を迎えたモバイルバッテリーも増えてくる頃なので、ちょっと注意が必要ですね。

 続きを読む

Lightningケーブル対応、Aukeyの20000mAhバッテリーが3,000円(8/1まで)

Aukey20000mahbattery3000yen

Aukeyの20000mAh大容量モバイルバッテリーが、通常価格より30%OFFになる割引クーポンが発行されています。

通常4,299円のところ3,000円で購入可能!

2ポート2.4A出力で、2台に同時充電OK。
20000mAhの大容量で出先でも不安なし。
大きさはTVリモコンサイズ、重さは382g。

バッテリー本体への給電は、microUSBの他にLightningケーブルでもできるので、仮にLightningケーブル1本しか持っていない状況でも、iPhoneとバッテリー本体への給電両方を行うことができます。

 続きを読む