今後のiOSでは、iPhoneのバッテリー診断とパフォーマンス低下を無効にする機能が実装

IPhonebattery jikoshindan

Apple CEOのティム・クックが、ABCニュースのインタビューを受けて、アメリカ国内で2万人の雇用を新しく生み出す為に、今後5年間で3,500億ドルを投資することを発表しています。同インタビュー内では、iPhoneの計画的陳腐化とも取れるバッテリーの電源管理機能についても言及されました。

「iOS 10.2.1」より密かに搭載されたこの電源管理機能は、iPhone 6〜iPhone 7までの旧型モデルでバッテリーが劣化してくると、電圧低下による突然のシャットダウンを防止する為に、プロセッサのクロックを意図的に落とす機能です。

ただでさえ旧型モデルなのにさらにパフォーマンスが落ちることになり、多くのユーザーから不満が出ていました。

 続きを読む

Anker、スタンドタイプの5Wワイヤレス充電器を2,999円で発売

Anker Wireless5Stand 02

Ankerより、スタンドタイプのワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」が登場。

Qi規格のワイヤレス充電に対応する「iPhone X」や「iPhone 8」その他スマートフォンなどを充電するのに最適なスタンドタイプのワイヤレス充電器。従来のワイヤレス充電器はスマートフォンを平置するタイプが殆どですが、こちらはスマートフォンを立てたままでワイヤレス充電が行えます。

5Wワイヤレス充電ですが、従来品より充電スピードが10%向上しているということです。

 続きを読む

RAVPower 26800mAhのバッテリー、USB PD非対応の安いニューモデル

RAVPowerPB067 03

RAVPowerより、26800mAhの大容量モバイルバッテリー「RP-PB067」が新発売されました。

USB x 2ポート、USB-C x 1ポートの合計3ポートで、同時に3台の充電ができる大容量モバイルバッテリーです。iPhoneやiPad、MacBook(2015年モデル)まで、これ1つで急速充電できますが、USB-CポートはUSB PDに非対応なので、MacBook Proなどは充電できません。

価格は5,499円。
1月14日までの期間限定で、クーポンコードの適用により20%OFFの4,399円で購入できます。

 続きを読む

「iPhone 6 Plus」のバッテリーが在庫不足で4月まで交換待ち、日本では?

IPhone6plus batterykoukan

バッテリー劣化を理由にiOSの計画的陳腐化問題を受けて、Appleは12月末までiPhoneのバッテリー交換費用を一律3,200円にしていますが、一部の国では「iPhone 6 Plus」の交換用バッテリーが在庫切れのため、3月末〜4月上旬まで交換受付は行われないということです。

参考として、ニューヨークにあるApple Storeでの現在の待ち時間は、「iPhone 6s」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」が即時交換となっていますが、「iPhone 6」と「iPhone 6s Plus」が2週間待ち。「iPhone 6 Plus」のユーザーはさらに待つ必要があります。

バッテリー交換費用の割引は12月末まで実施されているので、そこまで急ぐ必要がある人は多くないと思いますが、急を要する人にとってはちょっと困ったニュース。

では、日本ではどうなのでしょうか?

 続きを読む

iPhoneバッテリー交換ページ更新、iPhone 5や5sは対象外に変更された模様

Appleが、iPhoneの修理サービス料金のページを更新。
iPhoneのバッテリー交換費用について、詳しい記述が書き加えられました。

バッテリー交換費用については以下のようになっています。 

IPhoneBatterykoukan Apple2018

iPhone SE〜iPhone Xまでのモデルは3,200円
それ以外のモデルは8,800円となっています。

あれ?先日、iPhone 5の見積もりを取ったときは3,200円でいけたはず・・・まさか!!

 続きを読む