絵文字の入力がかなり捗りそうなキーボード「Emoji Keyboard」

Emoji Keyboard 01

EmojiWorksより、絵文字入力が簡単になるBluetoothキーボード「Emoji Keyboard」が登場しています。

一見すると Apple Wireless Keyboard のようですが、キートップに絵文字の刻印があり、それぞれのキーに絵文字が割り当てられています。キー配列に目をやると、controlキーとcommandキーの間に「emojiキー」がありますが(赤文字のキー)、このキーを押しながら各キーを押す事で、刻印されている絵文字が入力されるというキーボードです。

 続きを読む

Logi、3台まで接続可能な423gのBluetoothコンパクトキーボード「K380」

Logicool K380Keyboard 05

Logicoolより、コンパクトなマルチデバイスBluetoothキーボード「K380」が11/5より発売されます。

左上に配置されたEasy-Switch™ボタンで、最大3つのデバイスを切り替え可能なマルチペアリング対応のBluetoothキーボード。Windows / Mac / iOS / Android / Chrome OS を自動的に認識。キーボードレイアウトは、WindowsでもMacでも(そこそこ)使いやすい配列。

 続きを読む

iFixitが「Magic Keyboard/Trackpad 2/Mouse 2」の分解記事、バッテリーの交換は可能?

MagicKeyboard bunkai 02

iFixitが、新しく登場した「Magic Keyboard」「Magic Trackpad 2 」「Magic Mouse 2」の分解レポートを公開しています。

気になるのは、リチウムイオンバッテリーの交換が可能かどうかという点。

分解レポートによると、組み立ては3製品共に強力な接着剤が使用されているので、底蓋を外すのはかなり厄介ですが、「Magic Keyboard」と「Magic Trackpad 2 」については、iPhoneやMacBook等と比べて構造が単純なので、バッテリーの交換作業自体はそれほど難しくは無さそう。ただ、「Magic Mouse 2」については、使い捨て前提で考えた方が良さそうです。

 続きを読む

「Magic Mouse 2」は充電中に使えなくて微妙、「Magic Keyboard」は改善点多く良さげ

MagicKeyboard Mouse2 11

早速、「Magic Mouse 2」と「Magic Keyboard」のレビュー動画がアップされたのでチェックしてみましょう。いきなり「Magic Mouse 2」の衝撃的な写真から紹介していますが、これは充電中のシーンです。

今回、乾電池式からリチウムイオンバッテリー内蔵式に変更されたことで、裏蓋が無くなりスタイリッシュになったという(どうでもいい)点がフューチャーされがちですが、充電する為には底部にあるLightnigポートにケーブルを接続しなくてはならず、充電中はマウスを使用できないという、ちょっと設計ミスっぽい点が明らかになりました。

 続きを読む

新しくなった「Magic Keyboard/Mouse 2/Trackpad 2」バッテリー内蔵で高価に

Mac Magic TrackMouseKey 01

iMacのラインナップ一新に伴い、入力デバイスも大幅にアップデートされました。

今回アップデートされたのは、ワイヤレスのフルサイズキーボード「Magic Keyboard」、マルチタッチ操作ができるワイヤレスマウス「Magic Mouse 2」、マルチタッチと感圧タッチで繊細な操作できるタッチパッド「Magic Trackpad 2」の3種類。全て新設計され、電池式からバッテリー内蔵式となり軽量化されました。

ただ、利便性が向上した反面、価格もかなり向上
「Magic Keyboard」が11,800円、「Magic Mouse 2」が9,500円、「Magic Trackpad 2」が14,800円(全て税別)となっています。

 続きを読む