新型iPad Proの中には予想を超える大量の磁石が入っていた

IPadProbunkainaibukouzou 02

新型iPad Proの分解レポートが、iFixitによってアップされました。
分解に使用されたiPad Proは11インチの64GBモデル。

RAMはMicron製、フラッシュストレージは東芝製。
バッテリー容量は7812mAh / 29.45Whで2セル。
10.5インチiPad Proのバッテリー容量は30.8Whなので、それよりも少し少なくなっています。

それよりも気になるのは、磁石の数です。

新型iPad Proには強力な磁石が埋め込まれているので、冷蔵庫やスチールラックなどにペタッと貼り付けて使うことができるということが発見されて話題となりました。どうせApple Pencil 2用の磁石でしょ?と思っていましたが、分解レポートをみるとそういうわけではなく、大量の磁石が各所に配置されていることがわかります。

IPadProbunkainaibukouzou 01

IPadProbunkainaibukouzou 03

スピーカーユニットの中にも強力な磁石。

IPadProbunkainaibukouzou 04

Apple Pencil 2用の充電ポートの左右には、ふんだんに磁石。

そりゃこれだけ磁石が入っていれば、大きなiPad Proでも冷蔵庫やラックにペタッと貼り付くわな。

というわけで、磁石の謎が明らかになったわけですが、予想以上に磁石がは入っているということで、磁気の影響を受けるカード類や機材には新型iPad Proを近づけないようにちょっと注意したほうが良さそうですね。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー