iOS 13.6からiOSアップデートの自動ダウンロードON/OFF設定が追加

IOS13 6 autoupdate 01

iOS 13.6で追加される新機能として、ソフトウェア・アップデートの自動ダウンロードの設定項目があります。

これらの機能はiOS 13.6 ベータ2で初めて追加されたもので、今後リリースされる正式版でも実装されることになるとみられます。

この設定項目では、新しいバージョンのiOSがリリースされた時にアップデートファイルを自動的にiPhoneにダウンロードするという機能を、ユーザーが任意にON/OFFできるようになります。

iOSの自動アップデート機能は、ギガ死を防ぐために、アップデートファイルの自動ダウンロードはWi-Fiに接続されている時のみ実行。自動インストールは、iPhoneが使えなくなる時間を考慮して夜間のみ、アップデートの失敗を防ぐために充電器とWi-Fiに接続されている時のみの実行になりますが、勝手にアップデートファイルをダウンロードされて内蔵ストレージを圧迫されるのは困るという人も多く居ます。

今回の新機能はそういったニーズに答えたもので、iPhoneの内蔵ストレージに空きがない場合は、自動ダウンロードをOFFにしておくことができます。

IOS13 6 autoupdate 03

設定方法は、ソフトウェア・アップデートにCustomize Automatic Updatesという項目ができているので、そこから進みます。

デフォの状態では、アップデートファイルの自動ダウンロードONになっています。

Download iOS Updates(自動ダウンロード)をOFFにすると、アップデートファイルは勝手にダウンロードされません。

IOS13 6 autoupdate 02

逆に、自動でアップデートして欲しいという場合は、これらの設定をONにしておきます。

夜間にiPhoneを充電してWi-Fiネットワークに接続しておけば、自動的に最新バージョンのiOSが適用されるので、手間いらず。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。