AirTagの本体デザインが判明、円形マグネットみたいだ

AirTag 3dimage 01

Appleの新型デバイス「AirTag」の3Dイメージがリークされています。

「AirTag」は、位置情報をiPhoneやMacから探すことができるビーコンで、2020年中に登場すると噂されていましたが、結局登場することなく2021年を迎えました。さすがに年内には登場しそうですが、いつ頃になるか?具体的な情報はまだ出ていません。

今回リークされた3Dイメージは、iPhoneとペアリングしたときに表示されるApple公式の3Dイメージということで、コンセプトデザインではなく、本物の「AirTag」を忠実に再現しているとされています。

「AirTag」本体は、よくある円形のマグネットのようなデザイン。

裏側にはAppleロゴがあり、Bluetooth LE、Ultra Widebandの文字があります。

Ultra Wideband(UWB)は「iPhone 11」から採用された超広帯域無線システムで、消費電力が少なく、他の電波の干渉を受けづらく、位置検出の精度が高いといった特長をもっています。

「AirTag」本体にはGPSは搭載されておらず、位置情報の検出には第三者のiPhoneなどのAppleデバイスから収集した匿名の位置情報を利用する仕様になっており、Appleデバイスとの通信にBluetoothやUWBが用いられると予想されています。

AirTag 3dimage 02AirTag 3dimage 03

「AirTag」を探す時はiPhoneのAR機能を使って正確な場所を簡単に特定できるということで、バッグや財布、鍵などに取り付けておけば、紛失時や盗難時に役立ちそうですね。子供に持たせて見守りグッズとしても使えます。

また、GPSを使わないということで、SIMカードの契約が必要無いというのもメリットの1つで、低コストで運用することができます。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!