多ポートへ回帰する2021年の新型MacBook Pro、SDカードスロットにHDMIポートまで搭載

Apple m1xchip spec

2021年後半に登場が噂されている新型MacBook Proについて言及したアナリストのレポートによると、HDMIポートとSDカードリーダーが復活すると予想されています。

少し前には、電源ケーブルが磁石で着脱できるMagSafe方式になるという予想もされていて、かつての入出力ポートが豊富だった頃の仕様に回帰する動きがみられます。

2015年モデルまでのMacBook Proには、SDXCカードスロット、HDMIポート、USBポート、Thunderboltポート、3.5mmヘッドホンジャック、MagSafeポートといった入出力ポートが搭載されていました。

Macbookpro 2015 ioport

翌年の2016年モデルからは、Thunderboltポートのみというシンプルな仕様になってしまい、色んな機材を接続するには不格好な多機能USBハブが欠かせなくなってしまいました。

(まさに本末転倒!)

2021年モデルからは、この不満も解消されることになりそうです。

新型MacBook Pro 2021年モデルに関する情報をまとめると、以下の様になります。

MacBook Pro 2021年モデルはこうなる!

  • 2021年後半に登場
  • 14インチと16インチの2サイズ
  • 本体はフラットエッジデザインになる
  • ディスプレイはミニLED液晶を搭載する
  • SoCにM1Xチップを搭載する
  • Thunderbolt / USB-Cポートの他に、HDMIポートSDカードリーダーを搭載する
  • 電源ケーブルはMagSafeケーブルになる
  • TouchBarが廃止される

この情報が本当なら、Appleはこれまでの姿勢を改めて、ユーザーフレンドリーな仕様を復活させようとしているということになります。

Appleシリコンになったことで筐体内の空きスペースが増えて、HDMIポートやSDカードリーダーの搭載が可能になったという一面もありそうですけどね。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。