Google Pixel 9 Proのデザインはトレンドに沿って刷新、突出したカメラユニットが目立つ

当サイトの記事には広告が含まれます。

Google pixel9pro lenderimage new 2
(image: 91mobiles)

Googleの新しいスマホPixel 9 ProのレンダリングCGがまた新しく公開されました。

今回は保護ケースメーカーの商品画像も含まれており、本体デザインはこれでほぼ確定のようです。

フラットエッジデザインは、ここ最近のiPhoneのデザイントレンドに沿っていますが、前面カメラはパンチホールカメラとなっていて、アンダーディスプレイカメラはまだ搭載されていません。

背面のトリプルカメラは、広角、超広角、望遠の3つ。
Pixel 8 Proと同じですが、特に望遠カメラの性能が向上していると言われています。

カメラレンズの間には複数のセンサーも搭載されており、エッジと分離したカメラユニットは圧倒的存在感を醸し出しています。

Google pixel9pro lenderimage new 5
(image: 91mobiles)

カメラユニットの突出具合とキレキレのエッジがやっぱり気になりますね。

Pixel 9 Proでは望遠カメラの性能がかなり向上しているということで、レンズの枚数やイメージセンサーの面積が増えているのでしょうけど、ここまで突出していると取り扱いにはちょっと気を使いそうです。

Google pixel9pro lenderimage new 3
(image: Gizmochina)

こちらは保護ケースメーカーからの画像。

こちらの保護ケースでは、うまい具合にカメラバンプのエッジを隠すように手触りの良い保護フレームが取り付けられていますね。

Google pixel9pro lenderimage new 1
(image: Gizmochina)

Pixel 9 Proは、2024年後半にリリース予定。

iPhone 17シリーズも2024年秋にリリース予定なので、そちらとの比較にも注目です。

関連するエントリー

PR

U-NEXT