これがベスト!GoPro HERO内の動画ファイルをMacに転送するアプリ

GoProHERO FileTransfer 01

定番アクションカメラGoPro HEROのMacへのファイル転送方法について。
みなさんはどうしてます?

GoPro HEROは、接続しても外部デバイスとして表示されません。
これがちょっと嫌。

公式アプリの「GoPro Quik」を使うことで認識してファイルの転送が行えるようになりますが、動画編集までを考えると、ちょっと使いにくい。こういうiTunesみたいな感じじゃなくて、純粋にFinderでやりとりしたいというのがあります。

 続きを読む

iOS 13.2、iPhone 11のカメラ性能をアップする「Deep Fusion」AIで補正して鮮明な写真に

Ios132 deepfusion 02

今後リリース予定の「iOS 13.2」では、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種の写真撮影の品質を向上させる新機能が実装され、より鮮明な写真が撮影可能になります。

開発者や登録者向けに提供が開始された「iOS 13.2 ベータ」では、「Deep Fusion(ディープフュージョン)」という新機能が実装されています。

この「ディープフュージョン」は、写真撮影の際に露出の異なるフレームをキャプチャして、AIとソフトウェアで合成処理を行うことで、鮮明な画像を生成するという機能です。

 続きを読む

GoPro HERO8 Blackが10月25日より発売、HERO7 Blackは1万円値引き

GoProHERO8Black 01

GoProの新型アクションカメラ「HERO 8 Black」が正式発表されました。
発売は10月25日、価格は50,800円(税別)になります。

10月1日より消費税が10%になったので、税込みだと55,800円。
ちなみに、8%だと54,864円。
差額は936円ですが、キャッシュレス払いだと5%還元なので、実質53,086円となり増税前より安くなります。

「HERO 8 Black」については、これまでのリークで明らかになっていた通り、本体にマウンターが内蔵され、GoPro純正アクセサリとして別体式ディスプレイや外付けマイク、LEDライトなどが用意されています。

 続きを読む

iPhone 11の暗所撮影ナイトモードは結構すごかった

IPhone11 nightmode camera 03

iPhone 11で使えるようになった暗所撮影モードの「ナイトモード」を試してみました。

ナイトモードが使えるのは写真撮影のみ。
ビデオ撮影やポートレートやパノラマ撮影モードでは使えませんが、これまでiPhoneでは超苦手とされていた夜間の撮影が行えるようになっただけでも、かなり進化したと言えるでしょう。

このナイトモードで夜景や星空、月夜、街灯の光、ランタンの光などを撮れば、それっぽい“映える”写真が撮影できます。

 続きを読む

GoPro HERO 8 Blackはマウンターが本体直付け、4K@60fpsにはあえて対応しない

GoPro HERO8Black 03

GoProの最新アクションカメラ「HERO8 Black」と360度アクションカメラの「GoPro Max」の公式製品写真がリークされています。

まずは気になる「HERO 8 Black」からチェック。
前モデルの「HERO 7 Black」とどう違うのか?

真っ先に目に入るのが、マウンター取り付け用の脚です。

従来モデルでは、マウンターの脚は本体には付いておらず、フレームケースに付いています。ケースを装着することでマウンターが使えるようになるわけですが、この「HERO 8 Black」では、本体から直にマウンター取り付け用の脚が出ているのが確認できます。

 続きを読む