スマホ用スタビライザーDJI Osmo Mobile 3、小さく収納できて前モデルより80g軽量化

DJIOsmoMobile3 05

DJIのスマートフォン向け3軸ジンバル(スタビライザー)の新型モデル「Osmo Mobile 3」の存在が明らかになっています。

FCCに提出された書類によって明らかになったもので、市場に登場するのもそう遠くはなさそうです。

現行モデルの「Osmo Mobile 2」が登場したのは、2018年の春頃。つい先月、DJIの夏セールとして在庫処分も行われており、現在の流通在庫は少なめ。なので、そろそろ新型が登場するかな〜と予想されていた方も多いのではないでしょうか。

 続きを読む

GoPro HERO 7 Blackの音ズレ問題は依然放置、秋にはHERO 8が出るかもなのに・・・

Goprohero7black houchi

7月18日(木)現在、未だに解消されていないGoPro HERO 7 Blackの音声遅延問題。

これは、純正マイクアダプターにモバイルバッテリーを接続しながら録画すると、音声が少しズレして録画されてしまうという症状。純正マイクアダプター + 外部バッテリー + ハイパースムーズの組み合わせで確実に発生する症状で、HERO 7 Black特有の問題となります。

(内部バッテリーなら音ズレはありません)

GoProフォーラムではこの音ズレ問題専用のスレッドがあり、そこではこの症状は改善されることは無くて、仕様として片付けられるんじゃないだろうか?という見方も出ています。

その理由としては、未だにファームウェアがアップデートされず修正されていないこと。そして、そろそろ新型モデルが出そうなことが挙げられます。

 続きを読む

仕舞寸法がペットボトルサイズの省スペースな5段三脚「Travel Tripod」

PeakDesign Tripodsankyaku 07

Peak Designの小型・軽量な5段三脚「Travel Tripod」。

足から雲台まで無駄な部分をすべて削ぎ落としたデザインで、展開すると60インチ152.4cmになる5段三脚でありながら、折りたたみ時のサイズはわずか39.4cm、直径は8.3cm。重さはアルミニウムタイプが1.56kg、カーボンファイバータイプが1.27kg。

耐荷重は9.1kgで、望遠レンズを取り付けた一眼レフカメラからスマートフォンまで対応。

本格的な三脚でありながら、折りたたみ時は軽量でスリム!という製品です。

 続きを読む

OSMO ActionとHERO 7 Black、手ブレ補正と画像の歪みにかなり違いあり

YouTuber Peter McKinnonによる「OSMO Action」と「HERO 7 Black」の比較動画が早速アップされています。

チェックしたいポイントは、手ブレ補正の性能。
暗所での画質やフレームレート、画角、画像の歪みあたり。

OSMOActionVSHERO7Black 03

左がOSMO Action、右がHERO 7 Black。

左側のドアに注目すると、歪みの違いがよくわかります。
OSMO Actionは歪みが少ないですが、HERO 7 Blackは歪みが結構あります。
画角については、カメラのマウント位置が違うのであまりよく分かりません。

 続きを読む

GoProキラーになりそう、DJIのアクションカメラ「OSMO Action」

OSMOActionCamera 02

とうとう、DJIがアクションカメラ市場に参入!
・・・ってもうしてるか。でも、今回始めてそれっぽいアクションカメラ「OSMO Action」が登場です。

オーソドックスなGoPro HEROライクなアクションカメラで、前1.4インチ、後2.25インチのデュアルスクリーンを搭載、最大4K@60fps、HDR動画モード、電子式映像ブレ補正機能のRockSteadyを特長としています。カメラ本体はハウジングケース無しでも11m防水。

価格は44,280円で、GoPro HERO 7 Blackよりも1万円安い価格設定。

排熱も考慮して設計されているアクションカメラということで、これからの季節にちょっと気になる存在かも。

 続きを読む