M1 MacのParallels Desktop 16の仮想マシン上でARM版Windows 10の動作報告あり!

ParallelsDesktop16 M1Mac Win10ARM 01

AppleシリコンMac向けに開発中の仮想化ソフトParallels Desktop 16。

Intel Mac向けのParallels Desktop 16をAppleシリコン向けのユニバーサルアプリに切り替えて最適化したもので、現在はテクニカルプレビューが実施されています。

今回、このテクニカルプレビュー版のParallels Desktop 16上でARM版Windows 10 Insider Previewを動作させたユーザーが、Macrumorsのフォーラムで動作報告を行いました。

M1 MacBook ProにParallels Desktop 16をインストールして、仮想マシン上にARM版Windows 10 Insider Previewをインストールして動作させる試みですが、結果はそれなりにうまくいったようです。

 続きを読む

Microsoft EdgeもAppleシリコンMacにネイティブ対応、ChromeやFirefoxに続き

Edge Canary AppleSiliconARM 01

Firefoxに続き、Webブラウザーの「Microsoft Edge」もAppleシリコンMacにネイティブ対応しています。

現在はカナリアチャンネルという、要はベータ版みたいなバージョンのみでAppleシリコンにネイティブ対応しています。いずれは正式バージョンもAppleシリコンに対応することになります。

これでGoogle Chrome、Firefox、Microsoft Edgeが、それぞれAppleシリコンMacでネイティブに動作するようになりますが、Webブラウザが一瞬で起動して、サクサクキビキビ動作するのは、なかなかにストレスフリー。アプリがネイティブ動作してこそ、AppleシリコンMacの本領が発揮されるというのが良く分かります。

 続きを読む

旧型のIntel Mac向け、macOS Big Surのアップデートを無効にする方法

古いバージョンのmacOSを使い続けていてちょっと困ることが、定期的に出現するアップデートがありますというポップアップ表示。

Bigsurblocker update 01

このポップアップ表示を消すには、おとなしくアップデートするか、後で行うから明日再通知するを選択するしかありません。

Bigsurblocker update 02

そして、明日再通知を選択した場合は、また再びこのポップアップ表示が出現します。

アップデートする意思が全く無いユーザーにとっては邪魔なだけなので、このループ状態は解消した方がいいでしょう。

 続きを読む

FirefoxがAppleシリコンMacにネイティブ対応、サクサクキビキビ動作へ

Firefox applesilicon nativever84 01

Chromeに続いて、Webブラウザの「Firefox」もAppleシリコンMacに対応しました。

バージョン84以降より、Appleシリコンを搭載するMacでもネイティブに動作するようになります。

アップデートして再起動することでネイティブアプリに変わり、これまでよりもサクサク動作に!

アップデート方法は、Firefox > Firefoxについて から更新ボタンをクリックしてください。

 続きを読む

Appleシリコンで正常動作するMacアプリ、しないアプリの対応表

Applesilicon optimizedapp

AppleシリコンMacで動くアプリの対応表サイトが登場していました。

Intel Macからの移行を検討されている方は、チェックしてみるといいかも。

Appleのアプリは全てネイティブで動作。主要なMacアプリもほとんどがネイティブに対応していますし、そうじゃないアプリでもRosetta 2で正常動作するものが多く、意外にもあまり困らないかな?という印象を受けます。

AdobeのPremiere ProやAfter Effectsなど一部のアプリはRosetta 2の動作で不具合が報告されているので、ネイティブ対応するまでは諦めたほうが良いでしょう。

 続きを読む