GoPro HERO 8はGP2チップ搭載、360度カメラGoPro Maxも9月登場

GoPro HERO8

GoProのアクションカメラ「HERO 8」と「GoPro Max」の写真がリークされています。

新型モデルとなる「HERO 8」は、9月に発表予定。
気になるスペックはというと、最新のGP2チップを搭載、さらにカメラレンズが変更され撮影画質が向上しているといいます。最大で4K@120fps1080p@480fpsといったヌルヌル動画の撮影にも対応。

さらに、専用のオプションとして外部マイクやLEDライト、スクリーンも登場します。

現行の「HERO 7 Black」との違いは、まず搭載されているチップ。

「HERO 7 Black」や「HERO 6 Black」には、GP1チップが搭載されていますが、新しい「HERO 8」では、これがGP2チップとなり、処理能力の向上に期待できます。

「HERO 7 Black」で問題となっていた、ハイパースムーズにマイクアダプターと外部バッテリーを使用した際の音ズレ、熱暴走などの様々な不具合は、当然解消されている・・・はず。

なお、「HERO 7 Black」のファームウェアは放置状態です。
(どうなっとんねん!)

GoProMax 02

もう1つの「GoPro Max」は、360度アクションカメラの「GoPro Fusion」の後継モデルとなります。

GoProMax 01GoProMax 03

こちらはスペックについての言及はありません。

見た目の変化としては、モノクロの液晶画面が廃止され、その代わりにタッチディスプレイと思われる大きな画面が搭載されています。

そしてやっぱり、MaxというネーミングはiPhoneに引っ張られたのでしょうか?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー