脱獄対策でiOS 12.4.1がリリース、macOS Mojave 10.14.6は不具合修正アップデート

Ios1241 update

9月10日の新型iPhone発表イベントを前にして、「iOS 12.4.1」がリリースされました。

リリースノートによるとアップデート内容は、重要なセキュリティおよび安定性のアップデートが含まれるというもので、新機能の追加はありません。

9月10日のイベント後には「iOS 13」が正式リリースされる予定となっており、今更アップデートしなくてもいいんじゃない?という気もしますが、Apple的にはかなり重要なアップデートのようです。

それは、Jailbreakへの対策。

 続きを読む

やっぱり例の場所、東京丸の内にAppleストアがオープン

Apple marunouchi

東京駅のすぐ近くに、新しいAppleストア「Apple丸の内」が、9月7日午前10時よりオープンします。

場所は、東京都千代田区丸の内2-5-2にある三菱ビル。
Twitterなどで以前から噂されていた建物がそれです。

新型iPhoneは9月10日に発表予定なので、それよりも少し前のオープンとなります。

お店はすでに完成しているようなので、気になる方は見に行ってみてはいかがでしょうか。

 続きを読む

iPhone 11 ProはApple Pencilをサポートする、PDAへの先祖返り

IPhone11Pro ApplePencilSupport 02

iPhone 11 ProはApple Pencilをサポートすることが確定。
保護ケースメーカーOlixarが発売する、iPhone 11 Pro用の保護ケースの製品写真から明らかになったものです。

このOlixarという保護ケースメーカーは、新型iPhoneが登場する度にフライングして保護ケースを販売してしまうことで知られていますが、今回も同様に、数種類のiPhone 11 Pro用ケースをフライング販売。それにより、iPhone 11 Proのサプライズ機能であるはずの“Apple Pencilのサポート”が正式発表前に明らかになってしまいました。

 続きを読む

2020年モデルのiPhoneは中国BOE製の有機ELディスプレイになる?

BOE AMOELD

Appleが、iPhoneに搭載する有機ELディスプレイのサプライヤーとして、中国メーカーのBOEに声をかけていると日経が報道しています。

その目的はコスト削減と、あと色々。

iPhone向けの有機ELディスプレイは、韓国メーカーのSamsungが製造する有機ELパネルが採用されています。そして、ほぼSamsungが独占供給している状態です。昨年、LGも有機ELのサプライヤーとして参加するという報道がありましたが、どちらにしても韓国メーカー無くしては今のiPhoneは作れない状態になっています。

ただ、有機ELパネルはコストがかなりかかるようで、iPhoneを製造するときにかかるコストの約3割を有機ELディスプレイが占めています。

 続きを読む

iPhone 11、18W USB-C電源アダプタとUSB-C to Lightningケーブルを同梱か?

IPhone11 USB Ccharger

もうすぐ登場する「iPhone 11」。
それに同梱される電源アダプターとケーブルについて、USB-Cポートを搭載した電源アダプタとUSB-C to Lightningケーブルが同梱されるという情報が伝えられています。

この情報はChargerLABのツイートからで、メッセンジャーアプリでのやりとりのスクリーンショットをソースとしています。

ChargerLABは、Appleの18W USB-C電源アダプタのリークをしたことで実績があり、今回の情報も信憑性はそれなりにあると考えられています。

 続きを読む