iPhone 12のメインカメラは7枚レンズに、2022年のiPhone 14は望遠カメラが搭載される

IPhone14 periscopelens 03

今秋リリース予定の「iPhone 12」では、メインカメラレンズの枚数がこれまでの6枚から7枚にアップグレードされ、イメージセンサーシフト方式の手ブレ補正機能が搭載されるということが、アナリストのMing-Chi Kuo氏による予想として伝えられています。

そして、2021年に登場する「iPhone 13(仮称)」では、メインカメラの他にズームカメラも7枚レンズにアップグレードされ、2022年に登場する「iPhone 14(仮称)」では、ペリスコープレンズが搭載されるということです。

iPhone 12

  • メインカメラが7枚レンズに
  • イメージセンサーシフト方式の光学手ブレ補正機能

これで一体どう変わるのでしょうか?

 続きを読む

世界各国でスマホのキャリア表示がStayHome(家に居ろ)に変わる

COVID 19 SteyHome Message 01

ヨーロッパなど新型コロナの影響が大きい国では、スマホのキャリア表示の部分を使って自宅待機をするように促すメッセージを表示させる試みが行われているようです。

Twitterの報告によると、Wi-Fi接続を切ってキャリア回線に接続すると、キャリアの名前が表示される部分に「Stay Home(家でおとなしくしてろ)」というメッセージが表示。

これがちょっと面白いと話題になっています。

 続きを読む

2020年モデルの「iPad Pro」、処理能力は2018年モデルとほぼ同じ

IPadPro2020 Benchmark 01

2020年モデルの「iPad Pro」を最速ゲットした人が、Geekbench 5とAnTuTu Benchmark iOSでのベンチマークテスト結果を公開しています。

A12Z Bionicチップは、8コアで2.48GHz。
RAMは6GBを搭載していることが明らかになりました。

気になるのは、旧型「iPad Pro」に搭載のA12X Bionicチップや「iPhone 11」に搭載のA13 Bionicチップとの比較です。

 続きを読む

新型iPad Proは全モデル6GB RAM搭載、125度超広角レンズに5つの内蔵マイクで動画撮影もイケる

2020 iPadPro detail 06

2020年モデルの新型「iPad Pro」が正式発表!
噂では12.9インチのみ新型になるという話でしたが、11インチと12.9インチの両方がフルモデルチェンジされました。

SoCはA13ではなくA12Z Bionicチップ、このチップには8コアのGPUが内蔵されていてグラフィック処理能力はかなり高いようです。そして、全モデルが6GB RAMを搭載していることが「iOS 13.4」のGM版のコード解析により明らかになっています。

(前モデルの「iPad Pro」では、1TBモデルのみ6GB RAMを搭載、その他のモデルは4GB RAMでした)

ストレージ容量は、128GB / 256GB / 512GB / 1TB。
本体カラーは、スペースグレイとシルバーの2色。

 続きを読む

新型コロナによるAppleストアの全店休業、追ってお知らせするまで休業に変更

AppleStore covid19 shutdown more 01

Appleの公式サイトを訪れると、ページのトップ部分に「お近くのApple Storeは、追ってお知らせするまで休業いたします。」という表示が出るようになっています。

先日、新型コロナの伝染リスクを最小限に抑える為として、中華圏以外の全世界のAppleストアは3月27日まで全店休業することが発表され、商品の購入についてはオンラインストアで、サポートについてはオンラインサポートで対応することが案内されたばかり。

ここで気になるのが「追ってお知らせするまで休業いたします。」という一文です。

これって、3月27日以降も休業するぜっていうこと?

 続きを読む