M1チップ搭載の新型iPad Proのベンチスコアが公開、旧型より51%アップ!

M1iPadPro Benchmark 03

M1チップを搭載した新型iPad Proのベンチマークテスト結果が公開されました。

Apple製品のベンチマークでおなじみ、Geekbench 5を使ったベンチマークテスト結果になります。

一般販売の5月下旬に先駆けてのベンチマーク。新型iPad ProはM1チップを搭載していることから、ベンチマークスコアは他のM1 Macと変わりません

M1iPadPro Benchmark 05

シングルコア1716、マルチコア7282

このスコアは、M1 Mac miniやM1 MacBook Air / Proとほぼ同じです。

 続きを読む

折畳式iPhoneは2023年に登場、8インチのQHD+有機EL搭載で超高級モデルに

FoldingiPhonerumorspec

8インチの折りたたみ式iPhoneが2023年に登場すると、アナリストのKuo氏が予測レポートを発表しています。

今回のレポートで明らかになったのは、折りたたみ式iPhoneのディスプレイについてで、それによると以下の仕様になるようです。

折りたたみ式iPhoneの画面

  • 画面:8インチのフレキシブル有機ELディスプレイ
  • アスペクト比:16:9
  • 解像度:3200 x 1800 px, WQXGA+ / QHD+ / 3K

画面のスペックだけで比較すると、Samsungの折りたたみ式のスマートフォンGalaxy Foldよりも高解像度なものとなります。

 続きを読む

新型iPad Proの修理費は前モデルより高額に、12.9インチは画面割れで85,580円かかります

2021 iPadPro repairprice 01

M1チップ搭載の新型iPad Proを修理に出すと、いくら掛かるのか?

Apple公式の修理サービスを利用した場合の料金は、12.9 インチと11インチ共に、前のモデルよりも高くなっています。特に12.9インチの修理費はかなりアップしました。

AppleCare+に加入していて保証対象の修理の場合は、一律4,400円で修理することができますが、保証対象外の修理やAppleCare+に加入していない場合は、買い替えた方が早いだろレベルの修理費を請求されることになります。

 続きを読む

iPad mini 6とiPad 9は6月のWWDC 21で発表か?モデル番号が商標登録される

Ipadmini6 ipadminipro rumor

4月のスペシャルイベントでは発表されなかった「iPad mini 6」と「iPad 9」。

これらのモデルは、次回のイベントである6月のWWDC 21での発表が期待されますが、新製品の商標登録を行うユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission, EEC)のサイトに、Apple製品の新しいモデル番号が9つ掲載されていることが発見されました。

製品名は不明ですが、Apple tabletsと記載されているのでiPadの新製品であることがわかります。

 続きを読む

iOS 14.5 / iPad OS 14.5が正式リリース、XboxとPS5のコントローラー対応など新機能

Ios14 5iPados145

本日より、iOS 14.5とiPadOS 14.5が正式リリースされました。

主な新機能は、AirTagのサポート、新しい絵文字の追加、Siriで音楽再生時にApple Music以外のサードパーティアプリ(Spotifyなど)を選択できる、Siriで緊急連絡先に発信、Appのトラッキングを許可制に変更、リマインダーをタイトル、優先順位、期限、作成日などでソート可能に、Xbox Seirs X | SコントローラーまたはPS5 DualSenseコントローラーのサポートなど。

不具合修正では、AirPodsの自動切り替えで誤ったデバイスに接続される問題などが修正されています。

 続きを読む