iPhone 12 Proはゴールドが勝ち組カラー、この色だけ傷や汚れに強い!

IPhone12Pro Goldcolor HiPIMS 02

ハイエンドモデルのiPhone 12 Proは、フレームの素材としてステンレススチールが採用されています。

これはiPhone Xから続く素材ですが、今回のiPhone 12 Proではフレームの形状が刷新され、フラッドエッジデザインへと変わったことで新鮮味が復活しました。新色として加わったパシフィックブルーがiPhone 12 Proシリーズの人気カラーということになりそうですが、注目のカラーはどうやら「ゴールド」だったようです。

iPhone 12 Proの先行レビューを掲載しているTechcrunchの記事によると、4色ある内のゴールドカラーのみフレームのコーティングが異なっているといいます。

 続きを読む

iPhone 12の新色ブルーはカタログと実物で色味が全く違います

iPhone 12とiPhone 12 Proの実物の写真や開封動画が続々とアップされる中、ちょっとした疑問が。

それは、iPhone 12のブルーの色味が製品写真と違うということ。

IPhone12 iPhone12Pro color 01

左が実物、右が製品写真。

製品写真はミッドナイトブルーのような色味なのに対して、実物はちょっとパープルが入ったブルーという感じ。

今回のブルーは新色ということもあって、iPhone 12の人気カラーとなっています。それが、製品写真の色味とかなり違っているということで、一部では不満の声もちらほら。

この製品写真の色味を期待して注文していたユーザーにとっては、腑に落ちないところもあるでしょうね。

 続きを読む

発売前のiPhone 12が大量販売!中国深センの魅力

中国の深センでは、iPhone 12の発売開始に先駆けてiPhone 12が大量に販売されているという。

一体どういうことか?というと、実はこちらの中身はiPhone 11。

iPhone 12っぽい外装パーツに、iPhone 11の中身をそのまま移植したもの。

ModifyiPhone11 to iPhone12

いわゆるMODケース。
本物のパーツを流用しているのか、質感はそんなに悪くないですね。一昔前のニセiPhoneと比べると全く違います。今はニセiPhoneも本物のパーツを使って、めちゃくちゃ精巧(外見だけは)に作られているものが多いですけど、これは中身も本物だし。

iPhone 11なのでMagSafeには対応してないけど、使うだけならこれでも十分でしょ。

 続きを読む

iPhone 12だけじゃない外箱の薄型、iPhone11やXRやSE2も同梱品がケーブルのみに・・・

IPhone12 Package 04

こちらは、iPhone 12のパッケージング(実物)です。

これまでの半分くらいのボリュームで、かなり薄く平べったくなっています。

充電アダプターとイヤホンを同梱せず、コストを削減環境に配慮した結果こうなりました。

IPhone12 Package 02

パッケージが小さければ配送コストも抑えられますし、在庫を抱えるショップにとっても収納スペースが小さくて済みます。ユーザーにとっては、ちょっと不満な部分もありますけどね。

iPhone 12についてはまあ分かるとして、販売が継続されるiPhone 11についてもパッケージングに変更が加えられています。

 続きを読む

バッテリー容量、iPhone 12は2815mAh、iPhone 12 miniは2227mAh

IPhone2020model comparison

iPhone 12とiPhone 12 miniのバッテリー容量が明らかになりました。

新型iPhoneのバッテリー容量やRAMの量については、いつもは中国の認証機関のWebサイトからの情報で明らかになりますが、今回はブラジルの認証機関のPDFからの情報です。

掲載されている内容によると、iPhone 12 miniのバッテリー容量は2227mAh、iPhone 12が2815mAh。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはバッテリー容量が記載されていないため不明。

iPhone 12 miniのバッテリー容量はiPhone SE 2よりもかなり多くなりますが、iPhone 12のバッテリー容量は、iPhone 11からやや少なくなっています。

 続きを読む