iPhone 12 Proのフレームに傷が付く報告多数、購入時に傷が付いていたという例も

IPhone12Pro scratchframe 03

iPhone 12 Proのステンレススチールフレームは、iPhone 12のアルミフレームより傷が付きやすいようです。

Twitterで画像を漁っただけでも結構出てきました。

まずは、Apple Storeで展示されているiPhone 12 Proのフレームが、ガリガリに削れて塗装が剥げている写真。この写真に既視感のある方も多いと思います。かつてのiPhone 5のブラックカラーでもフレームの削れが報告されていて、今回のiPhone 12 Proもそれと似たような感じ。

素材は違いますけどね。

さらにiPhone 12 Proを購入したユーザーからは、箱を開けた時点で傷が付いていたという報告もあります。

 続きを読む

iPhone 12の画面に傷がつく報告多数、Ceramic Shieldを過信せず保護ガラスを貼ろう!

IPhone12 DisplayScratch 01

iPhone 12シリーズのディスプレイには「Ceramic Shield」という加工が施されており、これまでのディスプレイよりも落下による衝撃に4倍強くなりました。

しかし、iPhone 12ユーザーからは早くもディスプレイに傷が付いた!という報告が挙がっています。

iPhone 12シリーズのディスプレイを保護するCeramic Shieldは、金属よりも硬いナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作られており、さらに背面ガラスと同じ二重イオン交換プロセスを採用することで、擦り傷や引っかき傷にも強くなっていると言われています。

しかし、実際には、すぐに傷が付いてしまったという報告が複数挙がっています。

 続きを読む

iPhone 12 Pro MaxでQiワイヤレス充電が使えない症状、原因はMagSafeの磁石?

IPhone12pro wirelesschargeissue

iPhone 12 Proを購入した一部のユーザーから、ワイヤレス充電が正常に使えないという症状が報告されています。

フォーラムに寄せられている報告によると、MagSafeではない普通のQiワイヤレス充電パッドを使って充電しようとしても充電が始まらず、再起動すると充電できるが、再び充電しようとするとまたできなくなる。再起動後の初回はワイヤレス充電ができるのに2回目はできなくなるというもので、他のスマホだと正常にワイヤレス充電ができるので、ワイヤレス充電パッドの故障は考えられないということです。

この不具合は一体何が原因なのか?

 続きを読む

MagSafeにクレカは近づけない方がいい、じゃあ純正カードウォレットは?

iPhone 12シリーズで初めて採用されたMagSafeワイヤレス充電。

磁石で着脱ができるApple独自のワイヤレス充電規格で、一般的なQi規格のワイヤレス充電よりも急速充電ができる反面、取り扱いには少し注意が必要なようです。

Appleサポートの「MagSafe充電器の使い方」として公開されているページでは、以下の注意点が挙げられています。

MagSafe充電器を使う時の注意点

  • iPhoneとMagSafe充電器の間にクレジットカード類を挟まないこと(カードが使えなくなる可能性がある)
  • 20W以上の充電アダプターを使うこと
  • 充電時はそれなりに熱を持つ(iPhoneとMagSafeのどちらも)
  • iPhoneが熱を持った場合、80%で充電MAXに制限
  • MagSafeが熱を持った場合、充電スピードが制限
  • Lightningケーブルを接続している状態だとLightningケーブルによる給電が優先される
  • レザーケースに入れたままMagSafe充電していると、MagSafe充電器との接点が痕になる

特に注意したいのが、クレジットカード類をiPhoneと充電器の間に挟まないでということ。これをやってしまうとカードの磁気情報が使えなくなる恐れがあります。

背面にカードスロットがあるケースなどでは注意したいですね・・・って、Apple純正アクセサリで「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」っていうやつ、これが条件にモロに当てはまるんですけど!?

IPhone12MagSafe CreditCard 01

これ

大丈夫なのか?

 続きを読む

iPhone 12 Proなら「計測」アプリで身長や寸法を正確に計測できます

Keisokuapp iPhone12Pro

LiDARスキャナーを搭載しているiPhone 12 ProやiPhone 12 Pro Maxなら、人の身長を正確に測ることができます。

やり方は、iOS 14に最初からインストールされている「計測」アプリを使って、離れた場所からカメラで人物を撮影するだけ。LiDARスキャナーの機能を使って、その人の頭から地面までの長さ(身長)を測ることができます。椅子に座っている人の身長も計測できるというから、なかなかすごい。

しかも、めっちゃお手軽に使えます。

 続きを読む