iFixitがiPhone用バッテリー交換キットを29ドル以下に値下げ、Appleの修理価格値下げを受けて

Ifixit repairkit nesage

巨額の訴訟問題まで引き起こした、Appleによる旧型iPhoneのパフォーマンス意図的低下させ問題は、Appleによる公式発表とバッテリー交換費用を79ドルから29ドルに値下げすることで、一応の解決を迎えることになりそうですが、このバッテリー交換費用の値下げは、サードパーティのiPhone修理業者にとっては嬉しくない対応となりました。

2018年1月下旬より12月までのまるまる1年間は、iPhone 6以降の機種についてはバッテリー交換費用が一律29ドルになるので、相当の緊急性がない限りはサードパーティのバッテリー交換サービスを利用する理由はありません。

これを受けてiFixitでは、iPhoneバッテリー交換キットの販売価格を29ドル以下に価格改定しています。

 続きを読む

TeslaのモバイルバッテリーはPanasonic製18650Bを搭載、実はEVにもこれが搭載されています

Tesla MobileBattery CELL 01

アメリカの電気自動車メーカーTeslaが、11月に発売したモバイルバッテリー「Powerbank」。

電気自動車メーカーのモバイルバッテリーということで注目され、発売直後にすぐ売り切れとなり、2018年2月まで品切れ状態になるという人気のモバイルバッテリーですが、中身はどうなっているのでしょうか?

やっぱり高品質なのかな?

製品ページによると、3350mAhの18650バッテリーセルを内蔵しているとありますが、詳しい情報は記載されていません。実際に分解したYouTube動画があるので、それでチェックしていきましょう。

 続きを読む

100均のスマホ用ケーブル類の充実っぷり、充電用ならこれで十分でしょ

100yenshop cable 02

100円ショップでワンコーナーを設けるまでになっているスマホ関連グッズですが、その中にあるケーブル類をチェックしてみました。

こちらはダイソーで売っているものです。
殆どが充電用ケーブルになりますが、様々な商品がズラーーーリ。

Lightningケーブル自体はありませんが、DockコネクタをLightningコネクタに変換するアダプターがあったりして、見ているだけでもちょっと面白かったりして。

 続きを読む

サンワサプライ、電源タップを机にガッチリ固定し片手でケーブル抜き差しできるグッズ

SanwaACtap CB009 02

サンワサプライより、電源タップを机にガッチリ固定できるクランプホルダーが登場。

机の天板にクランプで取り付けることで、電源タップからのコンセントの抜き差しが片手でもできるようになるという実用性の高いアイデア商品です。対応する電源タップは、横幅が4cm〜6cmまで。電源タップの取り付け構造は、スマホの自撮り棒のようなバネ式で挟み込みタイプなので、厚みが対応するタップなら取り付けOK。

机の天板は、1cm〜5.5cmまでの厚みに対応。
一般的なPCデスクや勉強机、事務机なら大体取り付けられるようになっています。 

 続きを読む

ワイヤレス充電まで付いたUSBハブ「Chocolate Hub 2」

ChocolateHub2 01

色々なポートが盛りだくさんなチョコレート型のUSBハブ「Chocolate Hub 2」。

どんなポートがあるかざっと紹介しますと、USB 3.0 x 2 / USB-C x 2(うち1ポートは接続用) / 4K HDMI x 1 / SD 3.0カードスロット x 1。さらに、Qi規格のワイヤレス充電にも対応していて、板チョコっぽい上に載せると「iPhone X」や「iPhone 8」を充電できます。

 続きを読む