Appleのワイヤレス充電パッド「AirPower」が発熱問題を解消できずに発売中止

Airpower is dead

Appleが発売を予定していたワイヤレス充電パッド「AirPower」が、ここにきて発売中止というニュース。

発売中止の理由としては、ハードウェアの問題があり、Appleが定めた基準を満たすことができなかったからとされています。

具体的な原因としては“発熱問題”が指摘されています。

「AirPower」が発表されたのは2017年9月のこと。
マルチコイルを内蔵することで、同時に複数デバイスのワイヤレス充電に対応していることが特長の製品でしたが、どうやらその欲張りな仕様が良くなかったようです。

 続きを読む

発売近し?AirPodsのページにAirPowerの製品画像が非表示で埋め込まれていた

Airpower 2019

Appleのワイヤレス充電パッド「AirPower」の発売が近い?

Apple公式サイトのAirPodsのページのソースコードを調べた人が、ページ内に非表示にされている「AirPower」の製品画像を発見したとツイートしています。昨年から公開されていた「AirPower」の製品画像とは違い、iPhone XではなくiPhone XSに変わっていることから最新のものだと思われます。

発見されたのはAppleオーストラリアのAirPodsのページ。

実際にチェックしてみました。

 続きを読む

Anker、USB PD対応でハブとしても使える3ポート19200mAhモバイルバッテリー

Anker 19000maUSBPD 04

Ankerより、USB PD急速充電とUSBハブモードに対応した19200mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」が新登場。

19200mAhの超大容量バッテリー搭載でiPhone XSを約5回、MacBookを1回以上充電可能。最大27W出力のUSB-Cポートを1つ、最大15W出力のUSB-Aポート2つの3ポートを搭載しており、3台のデバイスを同時充電することもできます。

バッテリーの重さは425g。
価格は、30W出力の急速充電アダプターとUSB-Cケーブルが付属して10,999円。

発売記念価格として20%OFFで販売中です。

 続きを読む

Anker、5W充電器と同サイズで30W USBPD急速充電対応のUSB-C充電器

Anker USBPD AtomPD1 02

Ankerより、USB PD急速充電に対応した小型のUSB-C電源アダプター「PowerPort Atom PD 1」が新発売されています。

特長としては、人工衛生などに用いられる素材の窒化ガリウムを採用したことで、低発熱・高効率充電・コンパクト化を実現。iPhoneの純正電源アダプターとほぼ同じサイズでありながら、30WのUSB PD急速充電に対応しています。

iPhone 8以降のiPhoneやUSB-Cポートを搭載したMacBookなど、USB PD急速充電に対応しているApple製品で利用できます。

 続きを読む

各ポートに電力カット用のボタンが付いている7ポートUSB 3.1ハブ

400 HUB067BK 02

サンワサプライより、7ポートのUSB 3.1ハブが新登場。
ACアダプターから給電するセルフパワーのUSBハブで、各ポートには個別のスイッチがあり待機電力をカットできるのが特長です。

USB 3.1ポートは、理論値5GbpsのUSB 3.1 Gen1。
USB通信ポートが4ポート(各ポート最大900mA)。
スマートフォンやタブレットを充電できる充電ポートが3ポート(各ポート最大2.1mA)。
各ポートの合計は7200mAまで。

 続きを読む