今秋発売の6.1インチiPhoneの価格は550ドルから、DSDS対応のデュアルSIMモデルも

18129kgi 2018ipn

今年発売される新型iPhoneの内、FULLACTIVE液晶を搭載した6.1インチ iPhoneについて、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が新しいレポートを発表しています。

それによると、この6.1インチ iPhoneは550ドル〜というかなり低価格なモデルとして登場するようです。また、デュアルSIMにも対応。通常のシングルSIMモデルとデュアルSIMモデルの2つがラインアップされ、デュアルSIMモデルは、「DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)」タイプになるといいます。

DSDSって?

「DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)」は、1つのSIMカードトレイで2枚のSIMカードを同時に使うことができる方式。従来の「DSSS(シングルスタンバイ)」とは違い、SIMカードを手動で切り替えて使う必要はありません。

Duslsim

2枚のSIMカードを差し込んで、どちらでも通信・通話が可能です。

例えば、通話用のキャリアSIMとデータ通信用のMVNOのSIMを差し込んで、データ通信だけはMVNOでやって節約するという使い方もできます。

ただし、片方のSIMで通話している間は、もう片方のSIMでデータ通信することはできません。

6.1インチiPhoneはかなり安い、iPhone 7と同価格帯になる

Kuo氏の予想では、6.1インチiPhoneはかなり安価なモデルになるようです。予想価格は以下の通り。

  • シングルSIMモデル:550〜650ドル
  • デュアルSIMモデル:650〜750ドル

一番安いモデル・容量で550ドルからラインアップ。
デュアルSIMモデルでも650ドルからとなっています。

現行モデルと照らし合わせると、価格帯はシングルSIMモデルが「iPhone 7」、デュアルSIMモデルが「iPhone 7 Plus」とほぼ同価格帯となります。

日本では「iPhone 7」が61,800円(税別)〜、「iPhone 7 Plus」が74,800円(税別)〜。

特に、デュアルSIMモデルは中国市場でのシェア拡大に貢献すると予想されています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー