2019年モデルのiPhoneは上位機種のみ3Dスキャン機能、iOS 13はダークモードを実装

IPhoneXI ConceptDesign 01

2019年モデルの新しいiPhoneについて、Bloombergが報じています。
これまで出ている情報をまとめた感じの内容に加えて、iOS 13についても言及されています。

まず、iPhone 11については、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの後継モデル3機種が登場。iPhone XS Maxの後継モデルのみトリプルレンズカメラを搭載して、3Dスキャンの機能が実装されるといいます。レーザーを照射することで約4.5mまでの対象物をスキャンすることができるということで、ARゲームなどがよりリアルなものとなりそうです。

iPhone 11について

  • 次世代のAシリーズチップ A13を搭載
  • トリプルレンズカメラを搭載(広角、2倍以上の光学ズーム、3Dカメラ)
  • 画素数もアップ
  • 撮影した写真やビデオの自動修復する機能
  • 6秒間のLive Photoをサポート
  • アップデートされたFace IDを搭載
  • USB-Cポートを搭載

iOS 13について

  • ダークモードを実装
  • (iPadのみ)アプリのバージョンをタブで切り替えられる機能を搭載し、ファイル管理が改善される
  • 雑誌およびオリジナルビデオコンテンツを提供する新しい定額制サービスの導入

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited