YouTubeで地震のライブ配信がバズってる

Earthqake warninglive 01

なんかYouTubeでライブ配信している地震のやつ、ちょっとチェックしたほうがいいかも?

日本全国緊急地震速報ライブという株式会社ティーファイブプロジェクトが配信しているやつです。

動画の説明によると、「緊急性があるため強震モニターなどの情報をライブ配信しています。 緊急地震速報(業務用)が入ると、映像と音声でお知らせします。」とのことで、震度計モニターをライブで配信して変化があったら「ピッピッ!」という音で知らせてくれます。

ていうか緊急性があるってことは・・・まさか?

 続きを読む

中国テンセントのサービスで使える「QQアカウント」の作成方法

Tencent Account 08

中国のIT最大手といえばテンセントです。
メッセンジャーアプリから動画サイトまで手広く運営していて、まさに中国版のGoogleといった感じ。そんなテンセントが運営する数多くのサービスを使うには「QQアカウント」が必要になります。

日本からでも「QQアカウント」を作成できるので、テンセントのサービスやアプリに興味のある人は作ってみてはいかがでしょうか?

というわけで、今回は「QQアカウント」の作成までを解説します。

 続きを読む

DNSサーバを「1.1.1.1」に変更するだけでネットの速度が最強にアップする

DNS1111 01

CloudflareとAPNICがパートナーシップを締結して、新しくDNSサーバー「1.1.1.1」と「1.0.0.1」を一般開放しています。

「1.1.1.1」というIPアドレスから、どーせエイプリルフールのジョークでしょ?と思われていましたが・・・本当にサービスが開始されました。利用料は無料。

Cloudflareは、WebサイトのDDoS攻撃対策や負荷対策、表示速度の高速化などに使われるCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービス。APNICはAsia Pacific Network Information Centreの略で、その名の通り、アジア太平洋地域におけるIPアドレスの割当と登録を行っている非営利団体です。

「1.1.1.1」「1.0.0.1」というIPアドレスはAPNICが保有していたもので、DNSサーバーはおそらくCloudflareが提供しているのでしょう。DNS over HTTPS (DoH)に対応していて、セキュアかつ高速な通信が可能になるということで、フリーのDNSや1企業のDNSサーバーを使うよりも安全性は高そうではあります。

インターネット利用者がDNSサーバーを変更する一番のメリットは、コンテンツ表示速度の高速化です。この「1.1.1.1」はどうでしょうか。

 続きを読む

Apple、学生向けにiCloudを200GB無償提供(ただし学校用)

Icloud200gbfreesuperfree

3月27日に開催された教育関係のイベントでは、AppleのクラウドストレージサービスiCloudを200GB、学生向けに無償で提供されることが発表されました。

これまで無料のストレージは5GBでしたが、学生に限り200GBを無償で利用することができます。フリーで200GBも使えるというのは、なかなかスーパーな話。

(学割サービスにも程がある?)

ただし、200GBを無償で使える条件は限定されていて、学生なら誰でも200GB分をスーパーフリー!というわけではありません。

 続きを読む

RSSリーダー「Digg Reader」がサービス終了

Diggreader

DiggのRSSリーダーサービス「Digg Reader」が、3月26日をもってサービスを終了することを発表しました。

日本ではあまり有名ではありませんが、海外ではAOLに続いて大手のRSSリーダーサービスとなります。GoogleやLivedoor、AOLといったRSSリーダーサービスが続々終了していくのを見ると、やっぱりこの手のコア層向けサービスは全然お金にならないのでしょうね。

 続きを読む