WWDC 2019が6/3に開催、iOS13やmacOS 10.15の発表、MacProやApple Displayも?

Wwdc2019

開発者向けの発表イベントWWDC 2019が、現地時間6月3日の午前10時より、San Jose McEnery Convention Centerで開催されます。

WWDC 2019の基調講演で予想されるのは、メジャーアップデート版となる「iOS13」「macOS 10.15」「tvOS13」「watchOS 6」などの正式発表。

これらのアップデートで実装される新機能についてのお披露目が基調講演のメインとなりそうです。

気になるハードウェアの発表についてはどうでしょうか?

 続きを読む

バタフライ構造のキーボード無償修理、MacBook Pro 2019年モデルも対象です!

MacBookKeyboard mushoshuuri 02

MacBook、MacBook Air、MacBook Proのキーボード修理プログラムが更新され、対象モデルが追加されました。

発売されたばかりの2019年モデルMacBook Proもこの対象となります・・・。

この修理プログラムは、MacBook、MacBook Air、MacBook Proに搭載されているバタフライ構造のキーボードで不具合が発生した際に、無償修理してくれるサポートプログラムです。バタフライ構造のキーボードは構造的な欠陥が指摘されており、使用している内に以下の症状が発生する可能性があります。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない
  • キーを押した時の反応が一定しない

これらの症状が発生した場合は、Appleサポートに連絡を行ってください。
キーボードの検査後に無償修理の対象であると判断された場合は、キーボードが新品交換されます。

 続きを読む

2019年モデルのMacBook Proが登場、キーボードの素材を変更して不具合を改善

Apple macbookpro 8 core

MacBook Pro 2019年モデルが登場。

13インチ Touch Barモデルは、第8世代のクアッドコアIntel Core i5プロセッサを搭載。15インチには、第9世代の6コアIntel Core i7プロセッサと第9世代の8コアIntel Core i9プロセッサが搭載され、Macノートブックとしては過去最速となります。

その他にも、超高速なSSD、Apple T2セキュリティチップ、丸一日使い続けられるバッテリーを搭載。コードのコンパイル作業や高解像度イメージの処理、3Dグラフィックの描画から4Kビデオの編集などの重い処理をパワフルに行うことができます。

この他の変更点として、問題のあったキーボードの変更があるようです。

 続きを読む

Apple IDに残高追加で10%ボーナスが追加キャンペーン(5/10まで)

Appleid 10per 510made 01

Apple IDに残高を追加すると10%のボーナスがプラスされるという、Apple公式としてはかなりお得なキャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間は5月10日まで

3月にも同様のキャンペーンが実施されていましたが、前回は5%ボーナス。
今回は10%ボーナスですから、かなりお得ですね。

例えば、5,000円残高を追加すると500円分のボーナスが追加。
10%ボーナスの上限は30,000円まで。
1人1回限りとなります。

 続きを読む

macOSアップデートで、MacBook Air(2018)の画面の輝度が300ニト→400ニトに向上

MacBookAir2018 400nits 02

先日のmacOS Mojave 10.14.4アップデート後より、2018年モデルのMacBook Airの画面の輝度が100ニト向上していたことが発見されました。

これまではカタログ値で300ニトとされていたMacBook Air(2018)の画面の輝度ですが、macOS 10.14.4アップデート後はカタログ値で400ニトへと変更されています。

3月25日にリリースされたmacOS 10.4.4ソフトウェアアップデートには、MacBook Air(2018)のスクリーン輝度を修正する内容が含まれており、この修正により輝度が100ニト向上したようです。

画面の輝度が向上すると、どう変わるのでしょうか?

 続きを読む