AppleシリコンiMacの登場が近い?macOSベータ版の内部コードから識別子が発見される

Imac2021 design

AppleシリコンiMacについての新情報が出てきました。

9to5Macの記事によると、先日リリースされたmacOS Big Sur 11.3ベータ5の内部コードから、「iMac21,1」と「iMac21,2」という識別子が発見されたということで、この2つのモデルがAppleシリコンiMacを示唆するものではないか?と推測されています。

現行のiMacは、21.5インチと27インチの2種類のディスプレイサイズが用意されていますが、AppleシリコンiMacはそれに置き換わる形で登場するので2つのモデルが存在します。

つい先日、AppleがiMac Proの取り扱いを終了しましたが、これはAppleシリコンiMacの登場への布石だという見方もあります。

 続きを読む

2022年に登場するMacBook AirにはミニLED液晶、iPad Air 5には有機ELディスプレイが搭載

近く登場が予想されている新型「iPad Pro」は、Apple製品としては初めてミニLED液晶ディスプレイが搭載されることになりますが、他のiPadシリーズについてはどうなるのでしょうか?

アナリストのクオ氏の予想によると、2022年に登場する「iPad Air 5」には有機ELディスプレイが搭載されるとしています。

Ipadair2022 oleddisplay

ミニLED液晶じゃなくて有機EL?

流れ的に他のiPadシリーズもミニLED液晶になるかと思いきや、ミニLED液晶パネルはまだまだ製造コストが高いことから、エントリーモデルのiPadには、より安価に製造できる有機ELディスプレイが搭載されるといいます。

 続きを読む

日本でもM1 MacBook Air整備済製品が取扱開始、新品より最大15%安く買える

Seibizumi M1MacBookAir

日本のApple Online Storeでも、M1 MacBook Air 整備済製品の取り扱いが始まっています。

Appleの整備済製品は、クリーニングと点検整備が行われた中古品。新品価格の最大15%引きの特別価格で購入することができ、1年間のメーカー保証、AppleCareにも加入できます。

M1 MacBook Airの整備済製品の価格は88,800円(税別)から。

新品と比べて16,000円〜32,000円ほど安くなります。

M1 MacBook Airは発売されてまだ半年ほどなので、新品より安い整備済製品を狙うのもありですね。

 続きを読む

Macのシリアル番号がランダム生成された英数字に変わる

Mac serialnumber random

2021年モデルのMacからは、個体を識別するシリアル番号がランダムに生成された8〜14桁の英数字になるということです。

これまでのMacのシリアル番号は製造日や製造場所を表す英数字が使用されていましたが、今後は完全にランダムな英数字が使用されるようになるので、シリアル番号から製造日などを把握することができなくなります。

  • 現在のシリアル番号:製造場所、製造年と週、モデル、色、ストレージを英数字として組み合わせたもの
  • 新しいシリアル番号:ランダム生成された英数字

 続きを読む

M1 MacBook AirでiOSアプリがダウンロードできない不具合が確認される

Iosapp downloadissue onM1mac

Appleシリコンを搭載するM1 Macでは、iOSアプリをそのまま動作させることができます。

一部のiOSアプリは、Mac App Storeから直接インストールすることができるようになっていますが、一部のユーザーから「M1 MacでiOSアプリがダウンロードできなくなった」という報告が挙がっています。

報告されている症状は、Mac App StoreからiOSアプリをインストールしようとしても、アプリのダウンロードが全く開始されないというもの。インストールボタンをクリックしてもダウンロードが開始されず、クラウドのアイコンが表示されるも、それをクリックしてもアプリのダウンロードが開始されないという状態のようです。

 続きを読む