WWDC 20でA14チップベースのARM Macが3種類発表、省電力や薄型化に期待

Wwdc2020 onlineevent

6月22日から開催されるWWDC 20では、ARMベースのMacがいよいよ発表されるとBloombergが伝えています。

数年前から噂に出ていたARM Mac、開発はかなり進んでいるようで、多くの人が予想していたよりも少し早くお披露目となります。

WWDCはAppleが毎年開催しているアプリ開発者向けのイベントで、基調講演ではiOSやmacOSの最新バージョンの情報やいくつかの新製品の発表が行われることになっています。

今年のWWDC 20は、新型コロナの影響でオンライン配信のみでの開催となりますが、ARM Macが発表されるということで、注目度は例年通りかそれ以上になるのは間違いないでしょう。

また、ARM Macの他にも「iOS 14」や「AirTags」などの新製品の発表も予想されています。

 続きを読む

AppleCardでiPadやMacを金利0円で分割払いできる神サービスが提供予定

Applecard bunkatsu0yen 02

Appleが発行しているクレジットカードApple Cardは、Appleユーザーにとってマストなクレジットカードとなりそうです。

日本国内ではまだサービスは行われていませんが、先行してサービスが提供されているアメリカでは、iPadやMacといったApple製品の分割払いを分割手数料0円で行えるという超お得なプランが今後提供される予定となっています。

これを伝えたBloombergの記事によると、iPad、Mac、Apple Pencil、iPad用キーボード、Mac用のXDRディスプレイといったApple製品には12回の分割手数料0円の支払いプランが用意され、AirPods、Apple TV、HomePodには6回の分割手数料0円の支払いプランが提供されるといいます。

支払回数は、製品の金額によって分けられているのでしょう。

 続きを読む

6/3よりApple Store全店で営業再開、全員マスク着用で入店時に体温チェックなど徹底

6月3日より、日本国内のApple Store全店で営業が再開されます。

Applestore open

通常営業再開となりますが、一度に入店できる人数制限が行われます。

さらに、製品の配置スペースも十分に確保され、営業時間は昼12:00〜夜8:00までへと変更されます。

また、入店時には体温チェックなども行われるという徹底ぶり。

 続きを読む

macOS Catalina 10.15.5からバッテリー管理機能が搭載、充電を制限することで経年劣化を防ぐ

macOSのソフトウェアアップデートで「macOS Catalina 10.15.5」「Security Update 2020-003 Mojave」「Security Update 2020-003 High Sierra」がリリースされました。

「macOS Catalina 10.15.5」では、ノートブックのバッテリー状態を管理できるツールが新しく追加されています。

MacBook AirやMacBook Proの内蔵バッテリーの状態を管理して、経年劣化による影響を抑えてバッテリー寿命を延長する機能になります。

MacOS10 15 5 update 03

バッテリー状態管理の設定は、システム環境設定にある「省エネルギー」から行います。

 続きを読む

全てのThunderboltにデータ盗用の脆弱性、暗号化も意味無し、パッチで修正不可能

Intel thunderbolt issue

Intelの設計したThunderboltポートに致命的な7つの脆弱性があることが発見されたことで、Thunderboltポートを搭載する全てのデバイスがハッキングの危険に晒される恐れがあります。

この脆弱性を悪用すると、パスワードでロックがかかっていてもストレージが暗号化されていても何の意味もなく、Thunderboltポートを使って全てのデータの読み取り・コピーが可能になるといいます。ネットワーク越しに攻撃を受けることはありませんが、直接Thunderboltポートにアクセスされた場合は打つ手なしという、かなりヤバめな脆弱性。

発見された脆弱性は全てのバージョンのThunderboltポートに存在していて、さらに終わっているのが、ソフトウェアのアップデートで修正することは不可能ということです。

 続きを読む