2018年モデル「MacBook Pro」ロジックボード故障時にデータ復旧は不可能?

Mbp detarecoverytool

2018年モデルの「MacBook Pro」は、ロジックボードが故障した場合に、SSDにあるデータをサルベージすることができない(かもしれない)という推測がMacRumorsの記事に掲載されています。

「MacBook Pro」は、2016年モデルよりロジックボード(いわゆるマザーボード)に直付けとなったオンボードSSDになっているため、故障時にSSDだけを取り外すことはできません。そのため、ロジックボードにデータサルベージ用の専用端子が設けられており、ロジックボードの故障時には、この端子を使ってSSDに保存されているデータを移すことが可能となっています。

ところが、先日の2018年モデルのiFixitの分解レポートの写真からは、その専用端子が廃止されていることが判明しました。これにより、ロジックボードの故障時にデータのサルベージが行えない可能性が非常に高いと考えられています。

 続きを読む

2018年モデル「MacBook Pro」のキーボードカバーはほこりOK、砂はNG

MBP2018 keyboardcover 02

先日リリースされた2018年モデルの「MacBook Pro」は、キーボードの下にシリコン製のカバーが組み込まれていて、キーボード内部にほこりや異物が混入することをがっちりガードしていることがiFixitの分解レポートによって明らかになりましたが、このシリコンカバー、実際どれだけの効果があるのか?iFixitがテストを行っています。

テストは、MacBook Proのキーボードに色付きの粉末をふりかけて、内部にどれだけ侵入するかをチェックするもの。

それによると、微粒子のような細かい粉末の場合は、このシリコンカバーとキーキャップによって完全にシャットダウンされるということがわかりました。

しかし、砂くらいの大きさがある物体の場合はそうではないようです。

 続きを読む

2018年モデルのMacBook Pro、特許申請していたキーボード防塵防水カバーを密かに搭載

MacBookPro2018 keyboard 01

iFixitの分解レポートによると、MacBook Pro 2018年モデルのキーキャップの下には、ホコリや水の侵入を防ぐための薄いゴムカバーが取り付けられているようです。この防塵・防水カバーについてAppleによる発表は何もなく、密かに対策が行われたようです。

MacBookやMacBook Proのバタフライ構造のキーボードは、隙間から異物が混入するとキーボードが常に押した状態になったり、逆に打っても文字が入力されなかったり、ジュースなどをこぼしたことで中がネチャネチャしてしまい、キーボードを押し込んでから返ってくるまで時間がかかったりする症状が発生するとされ、この問題について無償修理プログラムが実施されていますが、2018年モデルからはその心配が解消されることになりそうです。

 続きを読む

2018年に登場するApple製品まとめ、Mac miniもリスト入りで期待?

2018 applelineup

2018年も半分が終了しました。
残りあと半年しかありませんが、年内に発売されるApple製品について、アナリストのMing-Chi Kuo氏によるレポートがまとめられています。その中には、忘れ去られた「Mac mini」も・・・。

今度こそ、期待してもいいのか??

iPhone

6.5インチ有機EL、5.8インチ有機EL、6.1インチ液晶モデルの3機種。
全て「iPhone X」のようなベゼルレスでFace ID対応。

 続きを読む

第8世代Cofee LakeにLPDDR4を搭載するMacBook Pro 2018年モデルがいきなり発表

MacbookPro 2018

2018年モデルの「MacBook Pro」が、最大6コアのプロセッサ、最大32GBのメモリ、True Toneディスプレイ、Apple T2チップを新たに搭載して新登場。

価格は13インチが198,800 (税別) 〜、15インチが258,800 (税別) 〜。
Touch Bar無しモデルは13インチモデルのみ。
Apple Storeのお届け予定日は7月20日〜24日となっています。

ネット上で予想されていたWWDCをすんなりスルーして、発表イベントも何も無しでいきなりの発売開始に驚いた方も多いのではないでしょうか。そんな今回の2018年モデルの急遽発売開始は、ネット上の噂や予想に対する対抗意識というか、少し天の邪鬼な雰囲気を感じさせます。

 続きを読む