macOS版iTunesの提供終了がWWDCで発表、iOSアプリ統合版への移行期に入る

ITunes Icon 1

Appleが、どうやらアプリとしての「iTunes」の提供終了をWWDC 2019で発表するようです。

今月開催されるWWDC 2019の発表内容について推察しているBloombergの記事によると、Appleは、iPhoneやiPad、Apple Watch、MacなどすべてのAppleデバイスで動作するアプリの提供を計画していて、今後数年かけてプラットフォームを統合させていこうとしているといいます。この計画は2017年頃より噂になっていましたが、いよいよ移行時期に入ったらしく、「iTunes」もiOSアプリ寄りに「Music」や「TV」「Poscast」などの複数のアプリに分割されることになります。

今回新しくmacOS 10.15に搭載される「Music」アプリは、iOS版の「Music」が移植されたものではなく、macOS版のiTunesをベースにしたものとなっていて、iPhoneやiPadとの音楽ライブラリ同期機能は備わっています。

 続きを読む

「macOS 10.15」に搭載される「Music」「TV」アプリのスクショがリーク

Music app macos10 15

macOS向けの「Music」と「TV」アプリのスクリーンショットがリークされています。

この秋に正式リリースされる「macOS 10.15」では、従来のiTunesから派生した「Apple Music」「Podcast」「TV」などのコンテンツ専用アプリが提供される予定となっています。

リークされたスクリーンショットを見ると、「Music」「TV」共にiTunesをベースとしていて非常にシンプルなUIになっています。

 

 続きを読む

2019年モデルのMacBook Proで改良されたキーボードの素材

MacBookPro2019 Keyboard 03

2019年モデルのMacBook Proでは、耐久性に問題のあるバタフライ構造のキーボードに変更が加えられたと言われています。

具体的にどう変わったのでしょうか?
iFixitの15インチMacBook Proの分解レポートで確認することができます。

バタフライ構造のキーボードは2016年モデルより搭載されましたが、隙間からホコリが侵入することでキータッチに不具合が発生するとして、2018年モデルでは改善策としてホコリの侵入を防止するシリコンカバーが取り付けられました。

しかし、それでも問題の解決には至らず、キーボードの無償修理プログラムの対象機種となっています。

 続きを読む

iPad ProやMacBook Proに有機ELディスプレイ搭載の動き

Ipadpro11 oledrumor

近い将来、iPad ProとMacBook Proにも有機ELディスプレイ搭載モデルが登場するかもしれません。

韓国サイトの記事によると、Samsung DisplayとAppleが、iPad ProやMacBook Pro向けの有機ELディスプレイパネルの供給に関する協議を行っているということです。

この協議で出ている計画は、新しく登場する16インチの「MacBook Pro」、そして11インチの「iPad Pro」に有機ELディスプレイを搭載するというもの。

これらのモデルに搭載されると言われている有機ELパネルは、スマートフォンに多く採用されているフレキシブル有機ELではなくリジッド有機ELパネル。

ただし、従来のリジッド有機ELパネルとは少し違うようです。

 続きを読む

13インチMacBook Pro(2016)の画面不具合を受け、バックライト無償交換プログラム

13inchmacbookmushokoukan

2016年モデルの13インチMacBook Proを対象とした、ディスプレイバックライトの無償交換プログラムが開始されました。

これは13インチMacBook Proのディスプレイのバックライトにムラができる等として、以前からネットの一部で報告されていた不具合で、この症状が発生するとされているモデルは、2016 年 10 月〜2018 年 2 月までの間に販売された 13インチMacBook Proです。

  • ディスプレイのバックライトが、画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する。
  • ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる。

この不具合の原因はフレキシブルケーブルが少し長い為に、画面を開閉していくうちに摩耗してしまい接触不良が生じてその結果ムラガ生じると指摘されています。交換品では対策されているのか?

 続きを読む