M1 Pro/Maxを搭載するiMac Proが2022年春に登場、スペックはMacBook Proと共通

2022H1 macpro

M1 ProとM1 Maxチップを搭載した本気スペックのiMac Proが、2022年の春に登場するという噂が出ています。

iMacシリーズでは2021年にAppleシリコンのM1チップを搭載した24インチiMacが登場していますが、27インチiMacの方はまだIntel Macのままでこの後継モデルとして、よりハイスペックなiMacが登場することが以前から予想されていました。

新型MacBook Proと同じM1 ProとM1 Maxを搭載することから、こちらのモデルはiMacではなくiMac Proとして命名されているとのことです。(ただし、市販時には普通のiMacとして登場する可能性もあります)

 続きを読む

新型MacBook Proにはノッチ非表示モードがある、アプリごとに設定可

NewMacBookPro notch hidden 06
(image: Quinn Nelson)

新型MacBook Proの画面のノッチの処理がどうなるのか?は、ちょっと興味をそそられるポイントです。

新型MacBook Proを購入したユーザーから、このノッチの表示についての情報が続々アップされていますが、それらを見ていくと特に問題はなさそうです。

ほとんどのmacOSアプリは、ノッチの部分を迂回する形でメニューが表示されるので、メニューが長いアプリであってもノッチ部分に隠れて使えないということはまずありません。

 続きを読む

MagSafe 3ケーブルの磁力はかなり強いようだ

Newmacbook magsafepower

新型MacBook Proで復活したMagSafe。
新しいバージョンはMagSafe 3ポートになります。

MagSafe 3ケーブルと磁力でしっかりとくっつき、普通に使っている時は外れることはありませんが、ケーブルを引っ張った時にはコネクタが自然に外れるので、ケーブルを足で引っ掛けてもMacBook Proを落とすことはないという仕組みになっています。

 続きを読む

新型MacBook Proの内部構造が公開、Intel時代とそんなに変わらない?

M1ProMax MacBookPro teardown 02
(image: @L0vetodream)

早くも、新型MacBook Proの分解写真が出ました。

iFixitのレポートではないのでこのパーツはどこ製でどうのこうの・・・という詳細なレポートは有りませんが、内部構造をサクッとチェックすることができます。

さて、Appleシリコン向けに専用筐体となった今回のMacBook Proですが、内部パーツのレイアウトは、これまでのIntel MacBook Proと実はそれほど大きく変わりません。メガネ型のロジックボードの左右に冷却ファンがあり、ロジックボードの中央にはM1 Pro / M1 Maxチップが配置され、その下にはバッテリーパックがあります。

 続きを読む

新型MacBook Proと旧型の比較、本体の厚みは寸法以上に分厚く見える!?

Newmacbookpro comparison 01

新型のM1 Pro / M1 Max MacBook ProとM1 MacBook Proとの比較写真。

左が14インチ M1 Pro / M1 Max MacBook Proで、右が13インチ M1 MacBook Proです。

13インチと比べてディスプレイが大きくなり、本体も一回り大きくなります。ディスプレイが縦にも大きくなったので作業スペースがかなり広くなった印象を受けます。(ノッチとメニューバーを差し引いても)

 続きを読む