M1チップ搭載のMac miniの中身はスカスカ!eGPUは使えません

M1macmini2020 teardown 02

eGPUのコミュニティサイトのフォーラムに、M1チップ搭載のMac miniを早速分解したという投稿がアップされています。

M1チップ搭載になりロジックボードは2018年モデルよりもかなり小さくなっていますが、筐体は2018年モデルのMac miniとほとんど同じなので、筐体の中には空きスペースがかなりできています。

今後のモデルチェンジで筐体もAppleシリコンMac専用設計になったら、今よりもコンパクトサイズになりそうですね。

 続きを読む

Apple M1チップのGPUは3年前のグラボと同等、しかしeGPUは使えない

AppleM1SoC 01

AppleシリコンMacに搭載されているM1チップのグラフィックパフォーマンスは、具体的にどのくらいなのか?

GFXBench 5.0を使ったベンチマーク結果を既存のGPUと比較した記事によると、GeForce GTX 1050 TiやRadeon RX 560といったグラフィックボードを上回るグラフィックパフォーマンスを発揮することが判明しています。

どちらも3年くらい前のグラフィックボードで、GeForce GTX 1050 Tiは2.9 TFLOPS、Radeon RX 560は2.6 TFLOPS。

M1チップのGPUは8コアで2.6 TFLOPSとされていますが、実際の処理能力はこれらのグラフィックボードよりも少し上のようです。

 続きを読む

AppleシリコンMacのCPU性能は16インチMacBook Proより上

AppleM1Mac 3model 01

M1チップを搭載したAppleシリコンMacをサポートしたベンチマークソフト「Geekbench 5.3」がリリースされ、それを使ったベンチマークテスト結果が公開されています。

このバージョンでは、AppleシリコンMacのネイティブ動作時のベンチマークと、x86をエミュレーションするRosetta 2でのベンチマークの両方のスコアを算出することができます。これにより、ARMアーキテクチャとなったM1チップのパフォーマンスはもちろん、従来のIntel Mac用のアプリをエミュレーションした場合のパフォーマンスが分かります。

Apple M1チップ(ネイティブ)

  • クロック周波数:3.20 GHz
  • L2キャッシュ:4MB
  • シングルコア:1715
  • マルチコア:7422

Apple M1チップ(Rosetta 2)

  • クロック周波数:2.40 GHz
  • L2キャッシュ:8MB x 2
  • シングルコア:1313
  • マルチコア:5888

 続きを読む

Apple M1チップはA14より圧倒的に高性能だが、A14Xとは同等

AppleM1SoC 01

気になるApple M1チップの性能は?

発売日の11月17日に先駆けて、ベンチマークテスト結果や技術データが公開されています。

M1チップはA14チップをベースにしていると思われますが、Geekbench 5のスコアで比較すると、CPUのシングルコア動作時は同じくらいですが、マルチコア動作時では約2倍ほどM1チップの方が高パフォーマンスとなります。

また、GPUのパフォーマンスもM1チップの方が約3倍ほど高いという結果が出ています。

 続きを読む

AppleシリコンMacBook Airの256GBだけGPUコアが1つ少ないんですけど?

AppleシリコンのM1チップが搭載されたMacBook Airを購入する前に、知っておくべき注意点があります。

今回登場したAppleシリコンMacは、基本スペックがMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniの3モデルで共通となっていますが・・・

実は、よく見ると・・・

ちょっと違う!!

AppleM1MacBookAir 7core 02

MacBook Airの256GBモデルだけが、何故か7コアGPUになっているという現象。

これは一体・・・!?

 続きを読む