楽天モバイル端末「Rakuten Hand」購入で19,999ポイント貰える!

Rakutenhand 0yencamp

楽天モバイルで最近登場したばかりの専用スマホ「Rakuten Hand」が、早くも実質0円になるキャンペーンが開始されています。

こちらのキャンペーンの内容は、Rakuten UN-LIMIT Vを新規または乗り換えMNPで申し込み、同時にRakuten Handを購入することで19,999ポイントが付与されるというもので、付与される楽天スーパーポイント分で端末価格を相殺することができるので実質0円というわけ。

さらに、Rakuten UN-LIMIT Vを初めて申し込むと貰える5,000ポイントもあります。

サービス開始初期と比べると、めちゃくちゃ条件が良くなっていますね。

 続きを読む

1年無料の楽天モバイル契約で5000ポイント→8000ポイント付与の超好条件へ!(1/7まで)

RakutenmobileunlimitV nenmatsunensi 02

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」に申し込むなら、めちゃくちゃ条件が良くなってる今がチャンス!!

2021年1月7日まで年末年始大感謝祭として、Rakuten UN-LIMIT Vへの申込みを行うことで、誰でも楽天スーパーポイントが8,000ポイント!もらえる好条件なキャンペーンが開催中です。

しかも!契約事務手数料は0円
なので、付与ポイントが丸々もらえます。

サービス開始当時は、6,000ポイント付与に契約事務手数料が3,000円ちょっとかかったので、実質3,000ポイントしかもらえませんでしたが、色々あってか、今はめちゃくちゃ好条件になっているんですね。

 続きを読む

某大手キャリアは解約ページを検索結果に載せたくない?noindexタグが発見される

Docomoau sekoi 02

大手携帯キャリアの公式サイトで、解約を案内するページが検索エンジンに載らないようにする方法がとられていることが発見されて、ちょっとセコくない?と話題になっています。

Googleを始めとする検索エンジンは、ロボットと呼ばれるプログラムがインターネットを巡回して、Webページをインデックスしてくことで検索結果に表示されるようになる仕組みになっています。Webページを検索結果に表示されたくないという場合は、METAタグに「noindex」と記述することでそのページはインデックスされなくなり、検索結果にも表示されません。

通常、プライバシーを保護する目的や特に意味のないWebページが検索対象にならないようにする目的で利用されますが、人に知られたくないWebページを公開する時にも有効です。

今回指摘されているのは、ドコモとauの解約案内ページにも、その「noindex」のMETAタグが記述されていることから、解約させないために「noindex」を使っているのは、ちょっと小狡いねという話です。

 続きを読む

ソフバンの月2980円で20GBの新料金プランはLINEブランド、ahamo対抗プラン

Softbank 201222plans 01

ソフトバンクとY!mobileの新料金プランが発表されたので、簡単にまとめてみます。

ドコモのahamo対抗プランとして発表されたのは、月額2,980円 / データ容量20GB / データ超過時1Mbps / 5分無料通話 / LINEノーカウント / 5G対応 / eSIM対応という「LINEがギガノーカウント」プラン。

従来のソフトバンクブランドではなく、新ブランドとして立ち上げた「SoftBank on LINE」ブランドでの提供となり、オンラインでの受付のみ。ソフトバンク、LINE、Y!mobileでのブランド間は解除から移行まで手数料が0円となります。

LINEの名前があることから実質LINEモバイルじゃないのか?という懸念が出てきますが、ソフトバンクやY!mobileと同じネットワーク・回線品質で利用できます。

また、ソフトバンクの料金プランとして、月額6,580円 / データ容量無制限(テザリングは30GBまで)/ 5G対応の「メリハリ無制限」も発表されました。

 続きを読む

ソフバンも月額2,980円で20GBの新料金プラン、Y!mobileも料金を値下げ

Softbank 2980yen20gbplan

ドコモのahamoに続いて、ソフトバンクも月額2,980円でデータ容量20GBの新料金プランを開始するということで、明日12月22日、その新料金プランの正式発表が行われます。

ソフトバンクの新料金プラン

  • 月額:2,980円
  • データ容量:20GB
  • 無料通話:5分

サブブランドのY!mobileではなく、メインブランドの料金プランとして提供するというところまでドコモと同じ。auについては2021年の1月に発表される予定となっていますが、料金やデータ容量はドコモやソフトバンクと横並びになることは確実でしょう。

 続きを読む