iPhone 13はiPhone 12S?カメラのモジュールのレイアウトは変わらない説浮上

IPhone12 LiDARScanner 02

つい先日、噂が出た「iPhone 13 Pro」のカメラユニットについて、Jon Prosserが否定的な見解を示しています。

先日の噂では、「iPhone 12 Pro」から1つカメラレンズが増えて、4つのカメラレンズ+LiDARスキャナーのカメラユニットが搭載されるということ、それに伴ってカメラモジュールのデザインが変更されるということが伝えられました。

iPhone 13 Proの搭載カメラ

  • 64MP 広角レンズ:1倍光学ズーム、6倍デジタルズーム
  • 40MP 望遠レンズ:3〜5倍光学ズーム、15〜20倍デジタルズーム
  • 64MP アナモルフィックレンズ:アスペクト比1:2.1
  • 40MP 超広角レンズ:0.25倍光学逆ズーム
  • LiDARスキャナー 4.0

これについて、Jon Prosserは“カメラモジュールのレイアウトは「iPhone 12 Pro」から変わらない”と主張しています。

 続きを読む

iPhone 13 Pro搭載カメラは4つ、64MP広角とアナモルフィックに40MP超広角と望遠

2021年の秋に登場する「iPhone 13」に搭載されるカメラユニットについて、早くも期待値が高まりそうな噂が出ています。

それは、iPhone 13シリーズには、4つのカメラレンズ+LiDARスキャナが搭載されるというもの。

IPhone13prorumor camera

カメラレンズの数から、おそらくハイエンドモデルの「iPhone 13 Pro」に搭載されるカメラユニットのことだと思われます。

2020年モデルの「iPhone 12 Pro」から、さらにカメラレンズが1つ増えることになりますが、LiDARスキャナは据え置きのため、カメラモジュールのデザインから変更されることになるでしょう。

 続きを読む

iPhone 12はLightningポートのまま、iPhone 13はポートレスだけどSmart Connector搭載

IPhone portlessmodelrumor

新型iPhoneの入出力ポートに関する新情報が出ています。

まず、今年の秋に登場する「iPhone 12」については、Lightningポートを搭載しており、これまでのiPhoneと変わりません。

USB-Cへの移行が予想されていた時期もありましたが、結果的に、iPhoneがLightningポートからUSB-Cに移行することは無いようです。これは、すでにアナリストのレポートやJon Prosserのツイートでも伝えられている情報になります。

そして来年、2021年の秋に登場する「iPhone 13」についてですが、こちらは入出力端子が一切無いポートレスモデルになると言われていますが、その代わりとしてSmart Connectorを搭載しているということです。

 続きを読む

iPhone 12シリーズのカメラモジュールはSHARP、LG、OFILMが供給

IPhone12rumor camera

台湾のサプライチェーン情報を伝えるDIGITIMESの記事によると、今年の秋に登場するiPhone 12シリーズに搭載されるカメラモジュールを製造するサプライチェーンとして、SHARP、LG Innotek、OFILMの3企業の名前が挙がっています。

カメラモジュールでSHARPというのがちょっと意外ですが、今や不織布マスクも作っているし、SHARP=液晶ディスプレイという認識はもう古いのでしょう。

LG InnotekはおなじみLGグループのサプライチェーン。
OFILMは中国深センにある企業で、カメラモジュール、指紋モジュール、タッチパネルなどを主要産業にしています。

 続きを読む

iPhone 12のロジックボードはL字型の2層式、内部設計もかなり変わりそう

iPhone 12のロジックボードの写真が中国のSNSにアップされていたようです。

その写真がこちら↓

IPhone12 2019model logicboard

L字型のロジックボードで、iPhone 11シリーズのロジックボードよりも古い設計のようにも見えますが、よく見ると2層式になっていることが分かります。

こちらのロジックボードが製造されたのは、2019年の10月。
iPhone 12開発初期の試作モデルということです。

 続きを読む