iOS 14.4でiPhone 12向けに注意表示「磁石がカメラの性能を低下させることがあります」

IPhone12 iOS144 magsafemassage 02

iOS 14.4にアップデートしたiPhone 12シリーズでは、サードパーティ製のiPhoneケースやアクセサリを使っていると注意メッセージが表示されるようになっているようです。

自分はまだ確認できていませんが、Weiboにアップされているスクショによると「iPhoneの保護ケースまたはアクセサリは認定済みではありません。磁石がカメラのパフォーマンスを低下させることがあります。」といった内容の注意メッセージが表示されることがあるということです。

この注意メッセージは、iPhone 12シリーズ向けに販売されているサードパーティ製のアクセサリの内、磁石を内蔵した保護ケースやカードケース、またはMagSafe充電器やスタンドなどの一部製品で表示される可能性があります。

具体的にどのような実害があるのでしょうか?

 続きを読む

iOS 14.4とwatchOS 7.3、Apple Watchで心拍リズム計測の為のアップデート

Ios144 update

「iOS 14.4」「iPadOS 14.4」「watchOS 7.3」「tvOS 14.4」が正式リリースされました。

iOS 14.4とiPad OS 14.4は主にバグ修正のアップデートで、追加機能としては、小さなQRコードでも読み取れるようになったことや、iPhone 12シリーズ向けに純正パーツのカメラモジュールでない場合に警告メッセージを表示するというどうでもいい機能が追加されているくらいで、特にこれといった新機能はありません。

一方、Apple Watch向けのwatchOS 7.3には、新機能として「心電図アプリ」が追加され、心拍リズムを計測できるようになりました。

 続きを読む

iPhone 12とMagSafeの内蔵磁石に注意、ペースメーカーからは15cm〜30cm以上離して!

Precautions magsafe

iPhone 12シリーズやMagSafeアクセサリに内蔵されている磁石が、ペースメーカーなどの医療機器に干渉する恐れがあるとして、Appleが注意喚起を行っています。

「MagSafeの磁石ってペースメーカー的に大丈夫なの?」っていうことは、以前から一部で話題にはなっていました。

iPhone 12シリーズの背面には、MagSafe用の磁石が内蔵されています。ただ、iPhone 12単体ではそれほど磁力は強くありません。冷蔵庫などの金属に貼り付けようとしても、iPhone 12だけでは無理なくらいに磁力は弱いです。

Appleの注意喚起でも、iPhone 12シリーズ本体のみであれば「医療機器への磁気干渉リスクが高まることは予測されていません。」としています。

 続きを読む

iOS 15で切り捨てられる5機種、無価値になる6月までに手放しておこう!

Ios15 nonsupportmodel

OSのメジャーアップデートで旧モデルが切り捨てられるのは、Apple製品のライフサイクルとなっています。

今年の秋にリリースされる予定の「iOS 15」では、どのモデルまでが切り捨てられるのでしょうか?

iPhoneSoftというブログの記事によると、以下の5モデルがiOS 15にアップデートすることができないといわれています。

iOS 15で切り捨てられるiOSデバイス

  • iPhone 6s:A9チップ
  • iPhone 6sPlus:A9チップ
  • iPhone SE:A9チップ
  • iPad 5:A9チップ
  • iPad Air2:A8Xチップ
  • iPad mini 4:A8チップ

 続きを読む

iOS 14.4で非純正カメラ交換iPhoneに警告表示、中古iPhoneの地雷判別に使える新機能

Ios14 4 nongenuine camera 2

先日リリースされたiOS 14.4 ベータ2のコードから、iPhoneのカメラを非純正のパーツに交換していると警告が表示される機能に関するコードが発見されています。

この警告は「純正のカメラが確認できませんでした」といった内容のもので、ロック画面に通知として表示されたり、一般 > 設定 のApple ID、iCloud、メディアと購入の下のスペースに表示される可能性があるということです。

Appleは、iPhoneの修理時に非純正のパーツに交換する事を認めておらず、Touch ID、ディスプレイ、バッテリーなどを非純正のパーツに交換した場合に、機能が制限されたり警告メッセージが表示されるという事がこれまでにもありました。

 続きを読む