ミニLED搭載のiPad Proは2021年初期、ミニLED搭載MacBookは2021年後半に登場

Macbookpro minileddisplay

2021年後半に登場するハイエンドモデルの「MacBook」に搭載されるミニLEDディスプレイ、このサプライヤーとしてドイツの半導体メーカーOsram Opto Semiconductorsの名前が挙がっています。

Apple製品向けのミニLEDディスプレイのサプライヤーとしては、台湾のEpistarが独占供給すると伝えられていましたが、製品によって供給するサプライヤーが異なるということです。

2021年初期に登場予定の「iPad Pro」に搭載されるミニLEDディスプレイは台湾のEpistarが供給、2021年後半に登場するハイエンドモデルの「MacBook」に搭載されるミニLEDディスプレイはOsram Optoのマレーシア工場で生産されたものが採用される予定とのこと。

 続きを読む

10月23日に発売されるのはiPhone 12 miniとiPhone 12、Proモデルは11月に発売

IPhone12 mockcad 01

10月と11月に分けて発売されるiPhone 12。

まず登場するのは、ミッドレンジモデルの5.4インチ「iPhone 12 mini」と、6.1インチ「iPhone 12」だといいます。

以前の噂では6.1インチモデルが先に出て、5.4インチと6.7インチが1ヶ月後に発売となっていましたが、最新の情報ではミッドレンジモデルが先に発売され、ハイエンドモデルは遅れて発売されることになります。

このリーク情報は、お馴染みJon Prosserによるもので、それによると、10月13日の発表イベントに先駆けて10月5日には卸業者に出荷が開始されるということです。ということで、発表イベント前に実機リークも期待できそう?

 続きを読む

5G対応iPhone 12は韓国で世界最速発売へ、5G回線の普及率の高さが理由

5g fukyuritsu 03

5G対応iPhone 12の世界最速発売は韓国になる?

通信キャリアの関係者からによる情報としてニュースメディアのKorea Heraldが伝える記事によると、5G対応のiPhone 12は10月下旬〜11月上旬頃に韓国で発売されるということです。

iPhone 12の発表イベントは10月14日(水)の午前2:00より開催され、日本では10月16日より予約開始、10月23日より発売開始と言われています。ただこれは5G対応ではなく通常モデルのiPhone 12のことで、5G対応モデルがいつ登場するのかについての具体的な内容が出たのは、今回のこの記事が初めて。

 続きを読む

iPhone 12発表は10/14の午前2時!発売は10/23から、5.4インチはiPhone 12 miniという名称で登場

IPhone12 mini pro max oct 02

iPhone 12に関するリークが新しくいくつか出ているので、ここでまとめてお伝えします。

製品名については、保護ケースの商品ラベルの写真がリークされていて、それによると5.4インチモデルが「iPhone 12 mini」、6.1インチモデルが「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」、6.7インチモデルが「iPhone 12 Pro Max」となっています。

ミッドレンジモデルの5.4インチと6.1インチは、それぞれ「iPhone 12」「iPhone 12 Max」(または「iPhone 12 Plus」)になるという話がありましたが、小さな5.4インチモデルを「iPhone 12 mini」とすることで、ミッドレンジモデルとハイエンドモデルが混在する6.1インチモデルを無印とProで分けることができるので、ユーザーにとっては分かりやすいネーミングとなります。

 続きを読む

iOS 14.2では、Shazamのミュージック認識が追加される

IOS14 3 shazam controlcenter 06

iOS 14の正式リリースと同時にiOS 14.2のベータ版がリリースされていました。

今回のバージョンからの新機能として、Shazamを使ったミュージック認識機能が使えるようになっています。Shazamは音楽認識サービスとして人気のアプリで、かなり前にAppleが買収したと伝えられていました。iOSの機能としてやっと組み込まれた形になります。

IOS14 3 shazam controlcenter 03

ミュージック認識機能は、コントロールセンターから使うことができます。

今かかっている曲がどんな曲か?
一発で分かります。

 続きを読む