iOS 10.3.4とiOS 9.3.6、旧型のiPhoneやiPadのGPS情報修正アップデート

Ios1034update

旧型デバイス向けにiOS 10.3.4とiOS 9.3.6がリリースされています。

2012年以前に発売された一部のiPhoneやiPadでは、11月3日以降、GPSの正しい位置情報や日時が取得できなくなるとして、これを修正するアップデートとなります。これらのバージョンにアップデートすることで、GPSの位置情報や正確な日時がこれまで通り取得できるようになります。

GPSの位置情報が狂うことでマップアプリやナビアプリへの影響、また正確な日時が取得できなくなることで、iCloudの同期やメールのフェッチも正常に動作しなくなる恐れがあるということで、対象モデルは必ずアップデートしておきたいところ。

 続きを読む

iOS 12.4正式版がリリース、パフォーマンスが向上する良アップデート

Ios124 update

本日7月23日(火)より、iOS 12.4ソフトウェアアップデートの提供が開始されています。

iPhoneやiPadのパフォーマンス改善といくつかの新機能が含まれます。

新機能については、ダークモードなどが搭載されるiOS 13と比べると地味なアップデートですが、パフォーマンスはiOS 12.3.xよりもさらに改善されています。iPhone 5sやiPad Airといったギリギリサポートされている旧型デバイスでは特に顕著な変化がみられる、かも?また、高負荷時でのアプリの動作はこれまでより2倍高速になっているとのことです。

さらなるパフォーマンスアップ

  • ユーザの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良
  • iPhone 5sおよびiPad Airに至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善
  • カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、またタイプ入力の反応も改善
  • デバイスに高負荷がかかっている場合のAppの起動が最大で2倍高速化 

 続きを読む

2020年モデルのiPhone、120Hzのリフレッシュレート対応ぬるぬるディスプレイを搭載?

IPhone2020 120Hz Refreshrate 02

来年、2020年に登場するiPhoneについての新情報。

2020年モデルのiPhone向けに有機ELディスプレイを供給するサプライチェーンのSamsungとLGからの情報として、60Hzと120Hzのリフレッシュレートに対応する為の協議をおこなっているということです。

現行モデルでは、120Hzのリフレッシュレートに対応しているのはiPad Proのみ。

iPad Proに搭載されているLiquid Retinaディスプレイには、ProMotionテクノロジーというリフレッシュレートを自動的に調整する機能があり、最大120Hzのリフレッシュレートでヌルヌルスクロールするのが一つの売りとなっています。

 続きを読む

2020年のiPhone、5nmプロセスのA14チップ搭載、ノッチあり、全機種有機EL

Nonotch iPhone2020

今年じゃなくて来年の2020年に登場するiPhoneについて、パーツを供給するサプライヤーの動向が伝えられ、大まかなスペックが見えてきています。

TSMCが株主総会で、2020年後半より5nmプロセスのチップ製造を開始することを発表。時期的にも、2020年モデルのiPhoneに搭載されるA14チップのことだと推測されています。

今年登場する「iPhone XI」に搭載されるA13チップは、7nmプロセスといわれています。

「iPhone XS」や「iPhone XR」に搭載されているA12チップも同じ7nmプロセスなので、性能アップや電力消費の少なさといった大きな変化は、2019年モデルよりも2020年モデルで起こると予想されます。

 続きを読む

iPhone XIのカメラデザインはやっぱり不評

IPhoneXI CameraDesign 01

今年の9月に発表される予定の新型iPhone 3機種。

仮の製品名として、iPhone XI(アイフォーンイレブン) / iPhone XI Max(アイフォーンイレブンマックス) / iPhone XIR(アイフォーンイレブンアール)と呼ばれています。

現行のiPhone XSやiPhone XRから大きく変化するのは、カメラユニット。

iPhone XI / iPhone XI Maxにはトリプルレンズカメラ、iPhone XIRにはデュアルレンズカメラが搭載されるとされていますが、そのカメラユニットのデザインがこれまでのiPhoneとは全く違った路線のものになっています。

正方形のカメラユニットに巨大なカメラレンズがあべこべに配置されているデザインは、正直かなり歪な印象を受けます。

SNSでも否定的な意見が多めで、あんまり受けは良くないみたい。

 続きを読む