iPhone 14 Proの出荷台数が予定より20%減、しかも12月下旬まで出荷無しで品薄激化へ

IPhone14Pro China 01

中国にあるiPhone 14 Proの組み立て工場で労働者の大規模な暴動が起こり、2万人超の従業員が一斉に離職した影響について、アナリストのMIng-Chi Kuoさんがレポートをアップしています。

それによると、この影響によってiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの2022年末までの出荷台数は、当初の予定よりも20%減少するとみられます。しかも、まとまった出荷は12月下旬まで行われないと断言されていて、品薄状態は来年まで解消されることはないということです。

 続きを読む

ヨドバシお年玉箱に14万円の高額iPhone箱が登場、中身はiPhone 14 Proか?それとも・・・

Yodobashi yume2023 04

ヨドバシ.comのお年玉箱2023の抽選受付が始まりました。
2022年12月4日(日)午後11時59分まで抽選予約受付中!ということで、早速チェックしてみましょう。

Apple製品では、SIMフリーiPhoneの夢、iPad(10.2インチ)の夢、Apple Watch(40mm)の夢の3種類があります。

SIMフリーiPhoneの夢の価格は、なんと14万円!

さすがにこの価格だと応募する人は少なくて、人気のiPhoneながら倍率はかなり低めとなっています。

 続きを読む

iPhone 15 Proは物理ボタン無し、触覚フィードバックボタンに変更される

Iphone15pro hapticbutton

来年の秋に登場予定のiPhone 15 Proには、物理ボタンが搭載されずに電子式ボタンが搭載されるという噂が以前ちょろっと出ていましたが、その具体的な仕組みについて、バークレイズの市場調査レポートによる情報によると、振動を発生させるHapticボタンが搭載されると予想されています。

Hapticというのは、いわゆる触覚フィードバックによる擬似的な物理ボタンの再現です。

 続きを読む

iPhone 15 Proは新しい筐体で素材にチタニウムを採用するとの噂

Iphone15 titanium rumor 02

2023年の秋に登場が予定されているiPhone 15について、不確定ではありますが興味深い噂が伝えられています。

@ShrimpAppleProのツイートによると、iPhone 15は本体デザインが新しくなるとされていて、iPhone 12から続いたフラットエッジデザインの筐体が新しい筐体へと変わる事になります。直近のiPhoneの製品ライフサイクルは、3世代続いてデザイン刷新というパターンになっているので、iPhone 15の筐体はiPhone 18まで続くと考えられます。

 続きを読む

iPhone 15のUSB-CはProのみUSB3.2対応、通常モデルはUSB2.0のまま

Iphone15 usbcport support 01

2023年の秋に登場が予定されているiPhone 15シリーズについて、サプライチェーンから得た情報としてアナリストのMing-Chi Kuoさんが伝えるところによると、通常モデルとハイエンドモデルとで性能面での区別化がまた一歩進むことになるようです。

iPhone 15シリーズでは、EUの規制の影響もあって、長く続いたLightningポートからUSB-Cポートへと移行します。この入出力ポートの規格変更で期待されているのが、データ転送速度の向上です。Lightningポートのデータ転送速度は規格上USB3.0と同等ですが、iPhoneでLightningケーブル接続した場合は、USB2.0のデータ転送速度しか出ないようになっています。もはや無線通信のAirDropの方がデータ転送速度が速いレベルというわけで、iPhoneのガッカリポイントの1つに挙げられます。

LightningポートからUSB-Cポートに変われば、USB3.2で高速なデータ転送速度ができると期待されているのですが、それにも少し制限が加えられることになりそうです。

 続きを読む