iPadが有機ELにシフト、2023年の10.9インチiPad Airで初搭載、120Hz対応にも期待

2023 ipadair OLED

2023年に登場するiPad Airには、有機ELディスプレイが搭載されるという情報が出ています。

先月、iPadシリーズに有機ELディスプレイが搭載されるというニュースが、韓国メディアによって伝えられていました。その報道では、まず2022年に登場する一部のiPadに有機ELディスプレイが搭載され、翌年の2023年から、本格的にiPadへの有機ELディスプレイの搭載が行われるというものでした。

今回のニュースでは、2023年に登場する10.9インチiPadで初めて有機ELディスプレイが搭載されるという内容となっており、これが本当であれば、先月報道されていた内容よりも1年遅く登場することになります。

 続きを読む

iPhone 14は全モデル120Hz ProMotion対応!mini廃止でサイズ共通化による恩恵

IPhone14max rumor

来年、2022年に登場するiPhone 14シリーズは、すべてのモデルが120Hzの高リフレッシュレートProMotion Displayに対応するという。

9月に登場するiPhone 13シリーズでは、ハイエンドモデルの「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」の2機種のみ120HzのProMotion Displayに対応するとされていますが、2022年の秋に登場するiPhone 14シリーズでは、エントリーモデルを含む4機種が120HzのProMotion Displayに対応するということです。

その理由として挙げられているのが、“mini”がラインアップから消えること。

 続きを読む

iPhone 13のカメラユニットがバカでかく感じるリーク写真のトリック!

IPhone13promax cameramodule large

こちらは、iPhone 13 Pro Max用の保護ケースの実物写真。

中に入っているのはiPhone 12 Pro Max(写真を撮影した本人によると)。

見比べてみて、カメラユニットの大きさが全く違うのが分かりますね。

iPhone 13シリーズでは、カメラレンズが一回り大きくなると言われていますが、iPhone 12と比べてここまで大きさが違うものなのか?

 続きを読む

iPhone 13はMagSafe用コイルが巨大化、15W以上のワイヤレス充電対応や発熱問題の解消が予想される

IPhone13 magsafe largercoil

9月に登場するiPhone 13シリーズには、iPhone 12シリーズよりもはるかに大きなワイヤレス充電用のコイルが内蔵される可能性があるということで、MagSafe充電のさらなる高速化逆ワイヤレス充電への対応が噂されています。

iPhone 12シリーズは、MagSafe充電器を使って最大15Wのワイヤレス充電ができる仕様になっていますが、iPhone 13シリーズではコイルがより大きくなるので、最大15W以上のワイヤレス充電に対応するかもしれないと予想されています。

それと同時に、iPhone 12シリーズで指摘されていたMagSafeの熱問題も改善される可能性もあります。

 続きを読む

2022年後半登場のiPadは3nmプロセスチップ搭載、A14チップより最大30%省電力

Apple3nmsoc 2022ipad

AppleとIntelが、台湾の半導体メーカーTSMCの3nmプロセスの生産技術を用いて最新チップの開発を行っており、この最新チップが2022年の後半に登場する市販モデルに搭載されることになるだろうと日経アジアが伝えています。

2020年モデルの「iPhone 12」に搭載されているA14 Bionicチップや、同じく2020年に登場したM1 Macに搭載されているApple M1チップは5nmプロセスで生産されており最新技術の印象がありますが、わずか2年で5nmから3nmにシュリンクされる技術の加速度はちょっとすごいですね。

チップが5nmプロセスから3nmプロセスになると、どう変わるのでしょうか?

 続きを読む