iPad第8世代はiPad Proライクに変化、USB-C搭載にFace ID対応で10.8インチ

IPad8 2020 design 01

iPad 第8世代の設計図がリークされました。
9月のイベントで発表が予想されている新型iPadになります。

それによると、今回より大幅なモデルチェンジが施されて薄型ベゼルのフラットエッジデザインへと変貌。ディスプレイは10.8インチFace IDで顔認証に対応、デュアルスピーカー搭載、USB-Cポートに変更、SmartConnectorでMagicKeyboardを接続して使うことができるようになっています。

これまでの無印iPadのイメージとはかけ離れた、まさにiPad ProライクなiPad。

 続きを読む

薄型ベゼルだけど電源ボタンでTouch IDに対応するiPad Air 4

iPad Air 4の説明書とみられる写真がリークされ、近々登場の予感。

今回のリークで興味深いのが、iPad Air 4はiPad Proのような薄型ベゼルデザインなのにTouch IDをサポートしているというところ。

画面内でTouch IDなのか、電源ボタンでTouch IDなのか?

どちらにしろ、iOSデバイスとしては初めてホームボタンではないTouch IDが搭載されることになります。

IPadAir 4thGen 2020 01

ロック解除のジェスチャーはFace IDと同じ。

コスト的な問題から、画面内指紋認証ではなく電源ボタンに内蔵されたセンサーを使う方法になるという見方が有力です。そうなると、現行のホームボタン内蔵型Touch IDと使い方はそう変わらないでしょう。

 続きを読む

iPhone 12 Pro Maxがリーク、120Hzやカメラの設定項目が明らかになる

IPhone12Pro 120Hz Display 03

iPhone 12 Pro Max(PVTモデル)の実物リークが複数ソースで伝えられています。

EverythingAppleProのTwitterにアップされたこちらの写真は、iPhone 12 Pro Maxが120Hzのリフレッシュレートに対応していることを証明すると共に、ノッチのサイズが現行モデルのiPhone 11 Pro Maxと変わらないことを明らかにしました。

ディスプレイの設定から高リフレッシュレートを有効にすることで、リフレッシュレートが常時60Hzから120Hzへと切り替わります。

また、コンテンツに応じて60Hzと120Hzを自動的に切り替える設定もあるようです。

 続きを読む

iPhone 12 Proの発売が11月にずれ込む理由、リフレッシュレート120Hzへの対応

IPhone2020 120Hz Refreshrate 02

iPhone 12シリーズのハイエンドモデルとなるiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxには、120Hzのリフレッシュレートに対応する有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、サプライチェーンからの情報として伝えるツイートによると、一部パーツが入手困難になっており60Hzになるかもしれないという話が出ています。

具体的には、120Hzに対応する有機ELパネルは予定通り供給されるものの、そのパネルを制御するためのドライバーICが入手困難になっていることから、iPhone 12 Pro / 12 Pro Maxの発売をさらに遅らせるか、60Hzのみ対応にするかのどちらかになるという話。

 続きを読む

iOS 14 / iPadOS 14対応機種が公開、iPhone 6sや初代iPhone SEも対応

IOS14 taioukishu

秋に正式リリースされるiOS 14 / iPadOS 14の対応機種について、Appleの正式発表が行われたので、旧モデルがどれだけサポートされるのかチェックしてみましょう。

まず、iOS 14に対応しているiPhoneの機種は以下の通りです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第 1 世代)、iPhone SE (第 2 世代)
  • iPod touch (第 7 世代)

 続きを読む