「iPhone 9」は4月3日〜5日に登場?保護ケースが続々リリース

IPhone9case mous 02

「iPhone 9」が間もなく登場?

Mousという保護ケースメーカーのサイトにiPhone 9用保護ケースの製品ページが登場し、製品写真が公開されています。

製品名は「iPhone SE 2/8/7/6 Case」となっていて、「iPhone 6」から同じケースが使い回されていることが伺えます。本体の形状やボタンの位置などは「iPhone 6」「iPhone 7」「iPhone 8」から全く変更されていないようです。

発売日はComing Soonとなっていて、間もなく発売される模様。

 続きを読む

日本にもきた!Apple IDに入金で10%ボーナス(4/3まで)

AppleID charge10perbonus 01

Apple IDの残高をチャージすると10%のボーナスが付くキャンペーンが、4月3日までの期間限定で実施中!

日本では海外に少し遅れての開催となります。
こちらは定期的に開催されるキャンペーンで、100円〜30,000円までをApple IDに入金することで10%分のボーナスポイントが追加されるというもの。

例えば、1,000円を入金すると1,100円入金したことになります。

 続きを読む

新型iPad ProのLiDARスキャナとFace IDは似て非なるもの

IPadPro2020 LiDAR teardown 01

2020年モデル「iPad Pro」の分解動画が、iFixitによってアップされています。

構造は大きく分けて、ディスプレイ、ロジックボード、カメラ、バッテリーパック、外装、スピーカーユニットに分かれており、A12Z Bionicチップと6GB RAMを搭載。内蔵のバッテリーパックは、2セルで容量は36.59Whあります。

交換がしやすそうなモジュール式のパーツ構成ですが、バッテリーパックの取り付けには一部分で強力な接着剤が使用されており、取り外しはかなり困難とのこと。iPadに関してはバッテリー容量が大きいので、iPhoneのようにバッテリーを交換するケースはレアなのでそんなに問題では無さそうな感じ。

一番気になるのが、今回の2020年モデルで初搭載された新しいカメラです。

 続きを読む

iPad Proの「LiDARスキャナ」の凄さが分かる動画が公開

2020ipadpro LiDARScanner 02

2020年モデルのiPad Proに搭載されている「LiDARスキャナ」の凄さがわかる映像がTwitterにアップされています。

実際の空間をワイヤーフレームに変換して3Dデータとして取り込む、これをリアルタイムでやっています。「LiDARスキャナ」は最大5mまでの範囲で使うことができ、光を反射させてそれを測定するこおでナノ秒のスピードで動作すると言われていますが、実際にこうやって見るとその凄さがよくわかりますね。

 続きを読む

iPhone 12のメインカメラは7枚レンズに、2022年のiPhone 14は望遠カメラが搭載される

IPhone14 periscopelens 03

今秋リリース予定の「iPhone 12」では、メインカメラレンズの枚数がこれまでの6枚から7枚にアップグレードされ、イメージセンサーシフト方式の手ブレ補正機能が搭載されるということが、アナリストのMing-Chi Kuo氏による予想として伝えられています。

そして、2021年に登場する「iPhone 13(仮称)」では、メインカメラの他にズームカメラも7枚レンズにアップグレードされ、2022年に登場する「iPhone 14(仮称)」では、ペリスコープレンズが搭載されるということです。

iPhone 12

  • メインカメラが7枚レンズに
  • イメージセンサーシフト方式の光学手ブレ補正機能

これで一体どう変わるのでしょうか?

 続きを読む