iPhone 13はWi-Fi 6Eをサポート、6GHz帯なので電波干渉を受けにくい

IPhone13 wi fi6esupppport

2021年に登場する新型iPhoneについて、アナリストの予想が出ています。

いつものアナリストではなくバークレイズのアナリストによる予想ですが、この手の情報の由来のほとんどがiPhonepのパーツを供給するサプライチェーンの関係者からのものなので、誰が予想しても似たような感じになります。

iPhone 13に関する情報として伝えられているのは、Wi-Fi 6Eをサポートするということです。

Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは同じ「802.11ax」という無線通信規格ですが、利用する周波数が6GHz帯になります。

「iPhone 11」「iPhone SE2」「iPhone 12」などがサポートしているWi-Fi 6は、2.4GHzと5GHzというこれまでのWi-Fiと同じ周波数を利用していますが、「iPhone 13」は6GHz帯の周波数を利用することになります。

 続きを読む

iOS 14.3の影に隠れてひっそりとiOS 12.5がリリース、内容は?

Ios12 5 16H20 update

iOS 14.3の正式リリースと並んで、旧型デバイス向けには「iOS 12.5」がリリースされています。

対象となるデバイスは、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone  6 Plus、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad Air、iPod touch 6th。

iOS 12.5(ビルド番号16H20)のリリースノートによると、今回のアップデートはCOVID-19の通知システムの実装とセキュリティアップデートが含まれているということです。

セキュリティアップデートの内容は、認証ポリシー違反の不正なコードを実行できないようにするということで、Jailbreak関連の穴埋めのようです。COVID-19の通知についても日本では機能していないので、特にアップデートしなくていいでしょう。

iOS 14.3とiPadOS 14.3が正式リリース、新機能はiPadOSの方が充実していていい感じ

Ipados14 3 update

本日より、iOS 14.3とiPadOS 14.3が正式リリースされました。

iOS 14.3には、ハイエンドヘッドホンのAirPods Maxのサポート、iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max向けにApple ProRAWフォーマットのサポート、フレームレート25fpsでのビデオ撮影のサポート、ワークアウトビデオを閲覧できるフィットネスアプリのApple Fitness+(日本では利用不可)などが含まれます。

iPadOS 14.3には、大きさが選択できるウィジェット、Siriデザインがコンパクトになり、検索はApp上で行えるようになり、Appのサイドバーやツールバーも再設計されています。また、Apple Pencilの新機能としてメモ機能が追加されました。

 続きを読む

iPhone 13は2021年9月に全モデルが登場(あくまで予定です)

IPhone13series rumor

みなさんご存知の通り、今年登場したiPhone 12シリーズはこれまでのiPhoneの販売方法とは少し異なり、10月と11月に分けて発売されることになりました。

まず、同じサイズのiPhone 12とiPhone 12 Proが10月に登場。その後に、最小モデルのiPhone 12 miniとカメラ性能が最も高いiPhone 12 Pro Maxが11月に登場しました。

4モデルあるiPhone 12シリーズを2回に分けて発売するというのは、結果的にインパクトのある販売方法となりましたが、アナリストの予想によると、今後はまた再び従来の販売方法に戻るとみられます。

 続きを読む