2024年春に有機EL搭載のiPad Proが登場、ただし14.1インチiPad Proは開発中止か

Ipadpro 2024 oleddisplay

2024年の第1四半期に登場予定と噂されている新型iPad Proについての情報が出ています。

ディスプレイアナリストのRoss Young氏を情報元とするMacRumorsの記事によると、2024年モデルのiPad Proは11.1インチと13インチの2モデルがあり、それぞれに有機ELディスプレイが搭載されるということです。

現行のiPad Proには、11インチの液晶ディスプレイと12.9インチのミニLED液晶ディスプレイが搭載されていますが、新型モデルはどちらも有機ELに変わります。そして、さらに0.1インチディスプレイが大きくなります。

 続きを読む

2023年秋登場のiPhone 15 Pro、iPhone 14 Proより35%も省電力に

Iphone15pro a17chip 3nmprocess

台湾の半導体メーカーTSMCが、3nmプロセスのチップの量産を開始したことをBloombergが報じています。この3nmプロセスのチップは、これまでの5nmプロセスのチップと比べて35%省電力であるといいます。

2023年の秋に登場するiPhone 15 Proに搭載される「A17チップ」や新型MacBook Proに搭載される予定の「M2 Pro / M2 Maxチップ」などが、この3nmプロセスのチップにあたります。

 続きを読む

iPad miniの新型モデル、2023年末〜2024年春まで登場しない

Ipadmini7 rumor

iPad miniの新型モデルについて、アナリストのMing-Chi Kuoさんが気になる新情報を伝えています。

それによると、Appleは現在、iPad miniの新型モデルとしてiPad mini 7を開発中であり、2023年末〜2024年春までに登場予定となっていて、主なアップデート内容はSoC(システムオンチップ)の更新になると言われています。

iPad mini 7

  • 新しいSoC(システムオンチップ)を搭載する
  • 大きな刷新は無し
  • 2023年末〜2024年春までに登場予定

 続きを読む

iPhone SE 4が発売延期か中止の可能性、製造コスト高や米国の景気後退が影響

Iphonese4 2023model notbe released

2023年の春に登場が予定されていたiPhone SE 4について、発売延期または発売中止になる可能性が高いとアナリストのMing-Chi Kuoさんが予想しています。

iPhone SE 4は廉価版iPhoneの最新モデルとして、これまでのiPhone 8ベースからiPhone XRベースのフルスクリーンデザインへ変わるとされていますが、この仕様変更による製造コストの増加が指摘されています。2022年からのエネルギー価格や物価の上昇は、当初の予定よりもiPhone SE 4の製造コストをさらに増加させることになり、増えた分の製造コストをどうするかという問題があります。

 続きを読む

日銀の実質利上げでドル円が一気に円高へ、2023年はApple製品の値下げに期待できそう?

Applerate price jpy 2022 00

本日、円安だったドル円相場が一気に円高へと進みました。

日銀が長期金利の上限をこれまでの0.25%から0.5%まで引き上げたことで、事実上の利上げと判断されたためで、それまで137円台で推移していたドル円相場が、わずか15分の間に135円台まで急落。その後もじわじわ下げ続け、一時は131円台まで落ちました。

1日で6円近く動いたことになります。

今後も円高傾向が続くなら、Apple製品の販売価格の値下げにも期待できるかも?

 続きを読む