100均のスマホ用ケーブル類の充実っぷり、充電用ならこれで十分でしょ

100yenshop cable 02

100円ショップでワンコーナーを設けるまでになっているスマホ関連グッズですが、その中にあるケーブル類をチェックしてみました。

こちらはダイソーで売っているものです。
殆どが充電用ケーブルになりますが、様々な商品がズラーーーリ。

Lightningケーブル自体はありませんが、DockコネクタをLightningコネクタに変換するアダプターがあったりして、見ているだけでもちょっと面白かったりして。

 続きを読む

AknerのPowerLine+ Lightningケーブル、結構いい感じ

Anker Lightning 02

先日のAmazonのセールで購入した、AnkerのPowerLine+ Lightningケーブル

高耐久あみあみナイロンの皮膜があるケーブルに根本がしっかりしたLightningコネクタ、持ち運びに便利なフェルトのケースが付いていて、そりゃ〜売れるわ!っていう感じのケーブルです。

モバイルバッテリー用に持ち運ぶのはもちろん、MFi認証でデータ転送にも対応、iTunesとの同期やバックアップにも使えます。

 続きを読む

「iMac Pro」に付属する黒いApple純正Lightningケーブル

AppleBlackLightningCable 02

Apple純正の黒いLightningケーブルの存在が確認されました。

Appleの純正ケーブルといえば“白”というのが一般常識となっています。もちろんLightningケーブルも、これまで白色しかありませんでした。

この黒いLightningケーブルは、12月14日より発売開始となる「iMac Pro」の付属品として同梱されています。

 続きを読む

「iPhone X」にホームボタンを増設するアイデア?

IPhoneX Homebutton

「iPhone X」にホームボタンを後付するアイデアは当然のように出てくるわけで、Micgadget.comでコンセプトデザインが公開されています。

Lightningポートに接続して3.5mmイヤホンジャックを増設するグッズに、ホームボタンを付ければ完成。Touch IDは使えないけど、一石二鳥?なこのグッズ、果たして使い勝手はどうだろう。

(あくまでもコンセプトデザインネタです)

明和電機の魚コードがパクられ、Lightningケーブルとして世界中で販売される事件

Meiwadenki SakanaCode Pakuri 03

パフォーマンスアーティスト明和電機のヒット商品「魚(ナ)コード」が堂々とパクられ、世界中に出回っていることが判明、かなりの騒ぎとなっています。

今回パクられたことが判明したのは「魚(ナ)コード micro USBケーブル」。

電気コードを魚の骨に見立てたロングラン商品「魚(ナ)コード」のmicro USBケーブル版で、スマホ用に販売されていますが、それのLightningケーブル版が、知らない間に世界中で販売されていたというホラーみたいな話が現実に起こった模様。(明和電気は「魚(ナ)Lightningケーブル」を販売していない)

発覚したのはTwitterからでした。

 続きを読む