都会ではワイヤレスイヤホンを線路に落とす人が増えている

WirelessEarphone otosuyatsuooi 01

AppleのAirPodsが火付け役となり、一気に普及した完全ワイヤレスイヤホン。

耳に装着するだけでスマホと繋がり、左右のイヤホンを繋ぐケーブルは無く、片耳だけでも使えるという利便性の高さから、かなりの人気商品となっていますが、完全ワイヤレスイヤホンならではの問題点として、線路に落とすケースが急増しているといいます。

駅のホームにいるときにイヤホンを装着しようとして、ミスって手から落ちて線路にコロコロ〜〜

これまでのイヤホンや左右がケーブルで繋がったワイヤレスイヤホンならまずありえないケースですが、完全ワイヤレスイヤホンならあっても不思議ではありません。

特にカナル型では無いAirPodsは、耳からすっぽ抜けてしまう可能性も高め。

 続きを読む

AirPods 3の充電ケースは横長に変化、イヤホンはうどんが短くなる

ESR AirPods3Case 04

年内に登場することが噂されている「AirPods 3(AirPods Pro)」。
全貌はまだ明らかになっていませんが、ESRというサードパーティからは、早くも専用の保護ケースが登場しています。

「AirPods 3」では、充電ケースが横長タイプに変化、サイズも小型化されているようです。

同じESRから発売されている現行AirPods用のケースと比較すると、その差は歴然。

 続きを読む

初のカナル型AirPods 3(AirPods Pro)はこうなる?

AirPods3 RenderDesign 02

今後登場が予定されているAirPods 3(AirPods Proというネーミングになるかも)は、こんな感じになる?というレンダリングCGが色々とアップされています。

先日、iOS 13.2ベータ1がリリースされ、設定に関するファイルが発見されたことでイヤホン本体の形状が確定。以前リークされていたパーツが本物ということになり、それをベースに製品版はこんな感じになるという予想CGになります。

AirPods 3(AirPods Pro)はAirPods初のカナル型イヤホン。
目玉機能として、ノイズキャンセリング機能を備えていると言われています。

 続きを読む

AirPods 3はカナル型で確定、iOS 13.2のアイコンが発見される、10月発表か?

AirPods3 October2019 03

開発者向けにリリースされた「iOS 13.2ベータ版」から、新型AirPodsのものとみられるアイコンが発見されました。

「AirPods 3」と思われるこちらのアイコンは、iOSのアクセシビリティ設定のコンポーネントに保存されていることから、ワイヤレスイヤホンの他に補聴器としても使えるようになると予想されています。

アイコンのデザインと現行のAirPodsとの違いを見ていくと、まずカナル型になっていることが目に付きます。これまで出ている「AirPods 3」の噂としては、ノイズキャンセリング機能が備わるということと、カナル型になるというものがあり、その噂の通りに見えます。

また、本体のデザインも少し変わっています。

アイコンだから単純にディフォルメされている可能性もありますが、バッテリーが収まっている筒状の部分(通称:うどん)が少し短くなっているように見えます。

 続きを読む

Amazonがコンセント差込型のEcho Flexなど4つの新製品、海外ではEcho Budsも登場

AmazonNewEcho Buds 04

AmazonがスマートスピーカーのEchoシリーズに新製品を追加。
新しく「Echo Studio」「New Echo」「New Echo Dot with Clock」「Echo Flex」の4製品が登場します。

日本のAmazonで新登場となるのは「Echo Studio」と「Echo Flex」の2製品。

「Echo Studio」は3DオーディオとHi-Fiサウンドが楽しめる上位機種のスマートスピーカー、「Echo Flex」はコンセントに直接差し込んで使うプラグインタイプのスマートスピーカーとなります。

その他に、ワイヤレスイヤホンの「Echo Buds」も発表されました。
BOSEのノイズリダクション機能が搭載されていて、価格は129.99ドル。
Appleの「AirPods」やSamsungの「Galaxy Buds」の強力なライバルとなりそうです。

 続きを読む